[グレーのコーディネート術]


INDEX
おしゃれ上級者にはカラードグレー/グレー・オン・グレー


カラードグレー/グレー・オン・グレーで知的に

冬のグレーは、「黒」と並んで重々しい「ダークグレー」でした。

春夏のグレーは、もっと軽やかな「ライトグレー」を。また、色みのあるグレー「カラードグレー」「グレイッシュトーンのカラーグループ」が似合います。


「グレー」同士の配色は、「白」「黒」配色よりもコントラストが弱く優しいイメージ。「ピンク」「グレー」の相性が良いとされるのは、どちらも中程度の色だから。ほんわりとした曖昧さ加減がちょうどいいのです。

最近は、こすれて褪せた色、古びた雰囲気のグレーのジーンズが流行しています。


「カラードグレー」は、多分普段はあまり意識しないで選んでいるのではないでしょうか。

「全くの無彩色のライトグレー」は、ニュートラルなイメージを演出するにはよいのですが、ある意味刺激がなく寂しいイメージがあり、人によっては貧弱に見えたりします。

少し色みが混じってニュアンスのある「カラードグレー」なら、色幅が広く、自分に似合うグレーを選べるという利点があります。

ただし、「カラードグレー」同士の配色は、色みがある分、ケンカしないように配色しなければなりません。そういう意味では配色センスが問われるため、オシャレ上級者にとってはチャレンジしがいのある難易度の高い色だといえます。


「グレイッシュトーンのカラーグループ」のように、グレーという共通点を見つけて色合わせするとなじみやすくなります。


INDEX
おしゃれ上級者にはカラードグレー/グレー・オン・グレー



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。