思い込みで「捨てられない女」になっていない?
 

シンプルに暮らすと

シンプルに暮らすと心もシンプルになってくる♪

旅行に行くとき、あなたの荷物は大きいですか?小さいですか?旅行に慣れている人はたいていの場合、荷物はコンパクトにまとまっています。必要なものだけに絞られているし、きちんと整理して収納しています。どこに何が入っているか分かっているから、空港の入国審査で「あれ?パスポートどこにしまったっけ?」なんてバタバタすることもありません。

それに対して、荷物の大きい人は「これも必要かも」「あっ、これもないと大変!」とあれこれ詰め込みます。でも結局、持っていったものの半分くらいしか使わなかった、ということも多いもの。「万一のために」と、余分に持つのもいいですが、まったく使わないものも「必要だ」と思い込んで、常に重い荷物を引きずっていることに気がついていなかったりするのです。

いつか使うかもと思って、捨てられないものがドンドン貯まる。それは日常生活にも通じます。部屋の整理はしているわよ!という人も、コレがないと生活できないと思い込んでいるものがまだあるかもしれません。 
 

部屋のものを箱詰めしてしまいましょう!
 

いま家にあるものが本当に必要なものなのか見極めるために、部屋の隅にあるものや、棚に入っているものをダンボール箱にしまってみましょう。すぐ使うかもとか、あまり考えずに、ドカンとまとめてしまってしまうのがポイント!そして、その状態で1週間過ごしてみましょう。


すると、必要になって「あれ、どこにやったかなぁ」と探すものと、まったく探さないものがでてきます。探さなかったものは、なくても大丈夫な場合が多いので処分します。心配なら1ヶ月くらいおいて判断するといいですね。

次に、「どこにやったかなぁ」と思ったものも、「ダンボールを開けてでも探すもの」と、「まぁいいか」と思うものが出てきます。この「まぁいいか」と思ったものは、なくても何とかなるモノです。実際にやってみると、意外と面倒になって探さないことが多く、今までいかに「なくても困らないもの」にお金を使っていたかがわかるでしょう。収入が増えるように祈るよりも、宝くじを買うよりも、まずはこのようなものを買わないようにするだけで、支出を減らすことができるのです。

そして、それらを捨てることで部屋には大事なものだけが残り、広く、ゆとりが生まれます。「これがないと生活できない」という思い込み、固定観念も捨てることができ、クリエイティブに発想できるようになってきます。部屋もスッキリ、頭も心もスッキリです。そんなイキイキしたあなたのもとには「自分にとって大切なものがわかっている人、お金も大切に扱ってくれる人だ」と、豊かさが降り注いでくるようになりますよ。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。