ケンブリッジ国際児童英検


英語の4技能をバランスよく測るテスト。世界60カ国以上の国々の子どもたちが受検しています。国際的なテストで、世界で自分の英語力はどのくらいあるのかを測るのに適したテストだと思います。特にスピーキングテストは会話テストですが、試験管がすごい。きちんとした試験基準をもった専門の方々だそうです。合否があります。イギリス発。

ケンブリッジ国際児童英検

TECS英語コミュニケーション技能検定試験


主にイッティ英語教室の子どもを対象に行われているテストですが、一般の人も受検できます。テストは面白く作ってあり、気軽に受検できるレベルだと思います。英単語、英文もあり、読み書き、筆記テストがあるのが特徴的です。日本発のテストです。

TECS英語コミュニケーション技能検定試験

その他、子ども用のテストとしては、ACETテスト(日本発)、子どものための基礎英語検定(日本発)などがあります。いろいろなテストがありますが、日本発のテストはリスニングが主。聞いて理解するというレベルのものが大半です。TOEICブリッジにつなげるヤマハ英語グレードは一般受験も可能なテストです。一方、世界レベルに目を向けると、リーディング、ライティングの少し高度なレベルの内容もあり、現在の日本の子どもの英語教育のレベルでは受験が難しいかなと思います。

試験合格のための子ども英語教室になっては本末転倒になってしまいます。テストはあくまでも目安と動機付けであることを忘れてはいけません。

関連サイト:


All About「TOEIC・英語検定」
Cat Chat(楽しみながら児童英検の勉強にも!)

英語の資格と検定試験

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。