DSを使って学習すると効果が期待できる

DSpink
DSを使って学ぶスタイルが一般化した。ついにシェアNo1の英語教科書がDSに載った。
実は興味深い調査結果があります。ICT(パソコン、プロジェクタ、インターネット、デジカメ、電子情報ボードなど)を使う学習は効果があるというものです。この結果を受けてポータブルな電子機器を授業に役立てようとする学校、大学もあります。DS、iPodなどの機器は子どもに身近ですね。

文部科学省の調査結果

持ち運びが便利な機器は、いつでもどこでも学習できるというスタイルが現代の子どもたちに適しているのだと思います。DSはほとんどの子どもたちが持っているものでしょう。

従来の中学校教科書を使う英語学習の方法だと、音声を聞きたい場合はラジカセを用意してCDをかけなくてはなりませんでした。もちろんラジカセから遠く離れることはできないので部屋の中での学習でした。CDプレーヤーも持ち運びできるサイズがありますが、DSの学習方法とはかなり異なりますね。

DSの場合はコンパクトですし、どこでも使えますから、バスや電車の待ち時間などにほんの少しの時間を利用して学習が可能です。少しの時間の集中をコンスタントに繰り返した結果、効果が出たという感じです。