英語力がなくなるのはもったいない!でも・・


せっかく身につけた英語力。残してあげたい。
せっかく身につけた英語力。残してあげたい。
英語漬けになっていた幼児期。インターナショナル・プリスクールに通っていた子どもは英語をペラペラ話すようになります。プリスクール卒業後の小学校はどうしますか?どこの小学校へ行かせたらよいのかとても迷うところでしょう。

一番迷うところはせっかく身につけた英語力がなくなってしまうかもしれない・・と思われる点。子どものことですから、使わなきゃ急スピードで消えてしまいます。これは大人でも同じですね。

でもちょっと待って。安易に英語力維持のためにインターナショナルスクールを選んでもいいのでしょうか?日本語力はどうなるんでしょう?漢字は?ひらがな、カタカナは?アイデンティティの問題は?

日本の義務教育を受けないということはどういうこと?いろいろ疑問がありますね。

自由な選択ができます


老舗インターナショナルスクール進学は難しい。日本人向けのスクールなら日本語学習もできる。親の選択しだいです。
老舗インターナショナルスクール進学は難しい。日本人向けのスクールなら日本語学習もできる。親の選択しだいです。
まず一つ言えること。学校の自由選択。

子どもをどこの小学校で学ばせるかは親の選択です。学校選択ができますから日本の公立小学校、私立小学校、インターナショナルスクール、あるいは学校へ行かないホームスクール(親が先生になって教科を教える)や、コミュニティスクールという選択もありますね。

今は教育を選ぶことは自由ですから、親の教育方針に沿う学校を選ぶのもいいでしょう。都内にはいろいろな学校選択肢があるので迷うことも多いでしょうが、子どもの将来を決める第一歩ですから大切な選択になります。

国際結婚の家族はインターナショナルスクールを選ぶことが多い



国際結婚の場合、おじいちゃんやおばあちゃんと英語で意思疎通を取らなければならないという理由でインターナショナルスクールで学ぶケースが多いようです。たとえば、これらの子どもの家庭ではパパが英語で、ママが日本語で話しかけるのを徹底的に実践しています。

次のページでは、日本人家庭のベストな選択は?