子どもが自ら学ぶから親は楽!


家庭なら、幼い子どもの英語学習は親も一緒に学んでいくスタイルがベストです。しかし、ずっと親が付いていなければならない学びのスタイルは親に負担がかかり、続けることが難しいこともある。親の手のかからないところでしたら英語教室です。英語教室だったら、子どもはリアルなコミュニケーションの場で英語に触れられますし、自ら英語のことばを話すこともできますね。


まずは子ども自身が楽しめるか?


家庭でも似たような経験はできないものかと考えますと、子ども用の英語教育ソフトウェアは利用価値が大きいところ。英語教室のようにダイナミックという風にはいきませんが、子どもが自ら学ぶので親はとても楽です。


ソフトウェアはネイティブ音声がほとんどですし、音声認識が付いているソフトウェアは子どもが自ら発音して練習することができます。多くのソフトウェアは子どもの興味・関心をひく作りになっていますから、ゲーム感覚で楽しむことができます。時間を忘れて夢中になってしまうこともあるでしょう。私も実際に使ってみて時間を忘れて夢中になってしまったソフトウェアがいくつかあります。


>>ガイドおすすめのソフトウェア>>