実はとっても気楽に家に遊びに来てもらえます!

日本人と国際交流を深めることも
目的の一つになっています

お子さんの通う小学校に外国人の英語の先生はいますか?

日本の小学校の教壇に立っている外国人の姿も珍しくなくなりました。文部科学省もJETプログラムで外国人指導助手を国で雇って英語教育指導の応援をしています。「JETプログラム」とはThe Japan Exchange and Teaching Programmeの頭文字をとって呼ばれているプログラムです。「語学指導などを行う外国青年招致事業」です。

JETプログラムで日本に来ている人たちにはいろいろな人がいます。英語を教える人だけではありません。以下のようにJETプログラムには3種類の職種があります。

●国際交流員 CIR:Coordinator for International Relations
●スポーツ国際交流員 SEA:Sports Exchange Advisor
外国語指導助手 ALT:Assistant Language Teacher

小学校の英語活動や中学・高校で英語指導に関わっているのはALTと呼ばれている「外国語指導助手」です。これらJETプログラムで日本に来ている人たちの職務の一つに「地域における国際交流活動」や「地域住民の異文化理解のための交流」があります。

つまり、自宅に招いてミニ国際交流もできるということ。公的な機関だから私的な国際交流には呼べないのでは・・と心配する必要もなし!自宅に招待したいときや、英語教室へ来てもらいたいときは各市町村の教育委員会に一言伝えておいて、来てもらいましょう。

ALTたちの生の声>>