子供が効果的に英語を学ぶ環境作り


relax01
リラックスできる環境で学ぼう

英語教室がどんな感じだったら、より効果的に学ぶことができるのでしょう?


あなたの英語教室の雰囲気はどんな感じですか?6畳の和室、フローリングのお部屋、それとも小学校の教室のようなところ?厳しい先生?優しい先生?仲良しの友達だけのクラス?それとも相性の悪い子もいる?


いろんな要素が絡み合って「英語教室」は成り立っていますね。参加する児童自身の性格によってもクラスの雰囲気はガラリと変わります。即時にクラスの雰囲気を読めて臨機応変に対応してくれる先生の存在はとても大切になります。


学習の雰囲気は楽しくありたいですね。心理的に落ち着かなかったり、極度の緊張があるようなところでは何1つ学べませんから。では効果的に子供が英語を学ぶにはどうしたらいいでしょうか?


心の緊張を取ってあげる学習法


私が知らないうちに経験していた「ある方法」をエピソードを交えて紹介しましょう。


私自身が受けたネイティブ講師による英語授業(Oral Communication Class)はとても面白いものでした。まず、靴を脱いでカーペットの敷き詰められた教室に入ります。カーペットは芝生のようなグリーン一色。椅子・机は隅にあり、必要なときに出して使います。そして教室の壁には腰高のあたりに10センチ幅ほどのオレンジ色のラインが引いてありました。


その中で90分授業を何度か受け、グループで自作自演の英語劇を作り上げました。そして学内英語劇大会でその創作劇が優勝し、みんなで優勝賞品(お菓子)を分け合いました。


授業自体もとても面白かったのですが、どうしてその部屋でおこなわれたのか、その理由は10年ほど経ったあと始めて知ることができました。当時、英語教育業界でサジェストぺディアが大流行していたようです。どうやら私はその方法を体験していたということです。


>>なんだか効果ありそうなこの方法とは>>