子供の健やかな成長を望み祝う「七五三」。我が子の晴れ舞台、「ドレスにしようか、着物がいいか」「購入、レンタル?」と衣装選びも悩みますよね。そこで今回は七五三衣装選びのポイントをご紹介します!

レンタルする?購入する?七五三の衣装選び

七五三の衣装、着物?子供ドレス?レンタルする購入する?
レンタル 3歳女児用被布(着物・長襦袢・被布・草履・巾着・腰紐3本・髪飾りのセット)
レンタル期間-3泊4日
【画像提供:着物レンタルはるか屋】
七五三の衣装レンタルするのと購入するの、どちらが良いのでしょうか?

レンタルの良い点は
  • 購入よりリーズナブル
  • 保管しなくていいので、場所を取らない
購入の良い点は
  • 何度も使える
でしょう。

特に着物は兄弟はもちろん、親戚に貸してあげたり、その子の子供(私達から見た孫)にも引き継いでいけるので、サイズが合わなくなったら着れなくなるというだけではなく、ちょっと長い目で見て、レンタルするか購入するか決めるのが良いとおもいます。

子供ドレス?着物?どっちにする七五三の衣装

七五三の衣装、着物?子供ドレス?レンタルする購入する?
ファーティペット付タータンチェックと黒ベロアのドレス
価格-5,999円(税込)
サイズ-110~150cm
コチラで購入【画像提供:キャサリンコテージ
七五三の衣装選び、洋装にするか和装にするかも悩みますよね。どっちも着せてあげたいけど、何度も着替えさせるのは大変。七五三行事の、「お参り・写真撮影・お祝いの食事会」は一日に入れると大変なので、できるだけ分散して予定を組むことが大切です。

ガイドも子供の初めての七五三の時に、写真撮影→お参り→食事会の順で、同じ日に予定を入れたのですが、写真撮影が終わるころにはグズリはじめ、お参りでは寝てしまい、食事会では着物を脱ぐといって暴れて泣いたのを思い出します。

子供は1日ひとつの行事で疲れてしまうので、ゆっくり予定を立ててあげたいもの。どんなに愛らしい装いも、子供の機嫌が悪くなると台無しに。次女の七五三の時は全部一日ずつ日をとって、レンタル衣装を揃える写真館で写真撮影。お参りには長女の時に購入した着物を着て、食事会には子供ドレスで出席したところ、どれもグズられることなく終えることができました。

日本の伝統着「着物」に是非袖は通してほしいけど、大人が着ても疲れる着物。食事会など長い時間ずっと着ているのは難しいし、汚してしまう心配もあるので、最初は着物で登場して、あとは洋装に着替えるなど準備していったほうがいいでしょう。