今まで大々的にベビー子供服を扱っていなかったBEAMS(ビームス)が、今秋ついに赤ちゃん・子供用の衣服や雑貨を提供します、その名も「こどもビームス」。取扱うのはこだわりがギュッっと詰まった、ビームスらしい商品ばかりでした。今回はファン必見の「こどもビームス」をご紹介します!

<CONTENTS>
1ページ目:「こどもビームス」への思い
2ページ目:「こどもビームス」2008年9月19日代官山にオープン!

「こどもビームス」への思い

<br>ビームス(BEAMS)・ビームスボーイ(BEAMSBOY)にベビー子供服が登場!その名も「こどもビームス」。
「こどもビームス」への思い
学生時代から今もなお、足繁く通っているセレクトショップ ビームス。ベビー子供服も展開してほしいとずっと思っていたのですが、ついに今秋オープンするとのこと!スタッフの方に、「こどもビームス」への思いを聞いてきました。

ガイド:ビームスセレクトのベビー子供服、待っていました。どのような思いで、「こどもビームス」が出来あがったのですか?

こどもビームススタッフの方(以下スタッフの方):ビームスは今年で創業32年。この長い間には、親子2代のお客様や、スタッフとともに年齢を重ねてきた大切なお客様がたくさんいらっしゃいます。

そして、ビームスを好きになってくださった方々が、子を持つ親となり、そして私たちスタッフも親となり、あらためて着る物や身の回りのもの、ライフスタイルなどについて、親としての視点で選び深く考えるようになりました。

「こどもビームス」の商品は、ビームスらしいシンプルで洗練されたものばかり
ガイド:なるほど、良く分かります。私も子を持つ前と親となった今では、物を見る目が変わりました。

スタッフの方:そうですよね、日本の未来を担う子どもたちに、安全で安心でき、センスのよい衣服や雑貨などのプロダクツを提供したい。それを通じてこどもたちの感性をよりいっそう豊かにしていきたいと考え、子どもを持つ女性スタッフが中心となって、「ビームスこどもプロジェクト」が始りました。2008年9月19日代官山にオープンしますが、製品の安全性を重視し素材や生産管理など、あらゆる角度から安全で安心できるものだけを、ビームスらしい視点で選び提供しています。

ガイド:オープンとても楽しみです、次ページで具体的に取扱うブランドをご紹介させて頂きます、ありがとうございました。

次ページは>>「こどもビームス」2008年9/19代官山にオープン!>>