この夏浴衣や甚平を楽しんでいますか?前回の記事で「トレンド浴衣&甚平」をご紹介しましたが、今回はほっとする雰囲気の、一反ずつ丁寧に手染めされる、昔ながらの古風な浴衣&甚平をご紹介します。是非、前回の記事と読み比べて、好みの浴衣&甚平を見つけてくださいね!

<CONTENTS>
1ページ目:夏祭りで同じ浴衣を見かける心配のない手染め浴衣
2ページ目:夏祭りで同じ浴衣を見かける心配のない手染め甚平
3~8ページ目:昔ながらの手染め浴衣&甚平、反物画像ギャラリー

夏祭りで同じ浴衣を見かける心配のない手染め浴衣(女の子編)

写真をクリックすると次の写真に進みます
着付けも楽ラクなトレンド子供浴衣(ゆかた)&甚平(じんべい)&帯(おび)をご紹介します!
染太郎オリジナル手染め浴衣(女の子)
価格-6,400円(税込)
コチラで購入!
【画像提供:染太郎


画像でご紹介するのは、染めの専門店「染太郎」さんのオリジナル浴衣。創業明治30年から手染めにこだわり、今も伝統的な昔ながらの浴衣、甚平、手ぬぐいなどを作り続けます。

今市場に出ている浴衣の90%が、プリント(印刷)され大量生産されたもの。夏祭りで同じ浴衣を着た人に会ってしまったという経験を、お持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?染太郎さんの扱う浴衣は全てオリジナルの染めなので、1回に作られるのは4~8着とのこと。全国に多くても8人しか同じ浴衣を持っている人がいないということなので、同じ柄の浴衣の人に出会うのは、宝くじに当たるよりずっと難しいでしょう。

古風な浴衣が好きで探していたのですが、中々見つからなかったので、染太郎さんに出会ったときは、「これを探していたのよ!」と、感激さえ覚えました。

次は>>夏祭りで同じ浴衣をかける心配のない手染め浴衣(男の子編)>>