いままでこのガイドサイトを通じて、初めて赤ちゃんを迎えるにあたって夫婦二人で力を合わせていくことの大切さを何度かお伝えいたしました。

特に、男性がどのように女性をサポートすると女性に喜ばれるのか、女性にとって男性に協力を得るためのコミュニケーションのコツなどが多かったですね。では、今回はパパがマタニティライフを楽しむためにママがどのようにパパと接するといいかお話していきます!

妊娠期間中のパパは実感なし?

赤ちゃん
男性陣は女性の妊娠に実感がわかないのが本音
待望の妊娠判明! 思いがけず妊娠! どちらにしても妊娠は普段と何ら変わりない日常の中で起きるとても嬉しい出来事です。妊娠判明は愛し合う二人にとって、女性だけでなく男性にとっても嬉しい出来事です。

エコーで心拍を確認すると、まだ目立たないお腹の中にいる命のはじまりに心が熱くなることでしょう。妊娠初期の女性はつわりがあり、外見の変化がなくとも身体感覚の変化が始まります。まだ2~3センチくらいの胎児ですが、もう成人女性につわりを起こすパワフルさを持っているなんて驚きですよね!

つわりが治まり胎動を感じるようになると、胎児がお腹の中で生きていることを感じます。お腹が大きく膨らんでくると、日に日に愛おしいわが子の成長を感じますね。このように女性は妊娠が判明してから少しすると、体調の変化が始まり、赤ちゃんの成長を感じます。

一方、パパとなる男性はどうでしょうか? バースセンス研究所のマタニティクラスに参加される男性に事前アンケートを行うと、

・赤ちゃんが妻に宿っているという実感が湧かない
・家庭に赤ちゃんが来ることが想像できない

といったご意見は本当にたくさんいただきますね。女性が日々、身体感覚で妊娠と成長を感じ取っていくのに対し、男性は体の変化もないため感じにくいというのは無理ありません。「赤ちゃんを授かった!」ということに感動されるもののなかなかピンと来ず悩む方までいらっしゃいます。