浮気は法的にも精神的にもダメージ大!

妊娠中の浮気は許されないこと

妊娠中の浮気は許されないこと

昭和の中頃までは、一方が既婚者である場合の性的関係は、姦通罪でつかまることもあるほど社会的にも許されていない行為でした。今でも離婚の調停や法廷では、「不貞」といって浮気した相手が「有責配偶者」として処罰の対象になります。

妊娠後入籍が多い昨今、最悪のケースでは妊娠中の離婚も……。お腹の中に赤ちゃんの命が始まっているのにストレスが最大になる「浮気」は、胎児の健康と妊婦の健康上にもどうにかして防ぎたいものです。

生命の軽視?! 妊娠中の浮気はご法度

動物も人間も命を授かる方法は1つかありませんが、人間社会では赤ちゃんを妊娠するということは、その二人が子育てする未来を持つカップリングであるということ。妊娠中の浮気をヒトの女性が許しがたいのは生物学的にも自然なことです。セックスをパートナー以外とすることを浮気だとするなら、妊娠しているパートナーがいるのに、他の相手とも妊娠する可能性ある行為をすることは、あちらこちらで未来をともにする相手を増やしていることに相当します。

厚労省の調査結果では結婚期間の方が妊娠期間より短いカップルは25%。出会って間もない時期に妊娠し、結婚するカップルも少なくなっていますが、それが妊娠中の浮気を許容する理由にはなりません。もっと人生とのつながりを深く考えてセックス観を整えないと、いのちの始まりがあまりにも軽視されてしまいそうです。

これから自分の生命力を使って赤ちゃんを胎内で育み、生み出そうとしている意味で「いのちがけ」の妊婦が浮気をされることは、生命や人生を軽視されているという怒りにつながるのです。妊娠中の浮気が許しがたく、いかに二人の関係や未来を壊すものであるかを男女とも再認識したいものです。

「妊娠中の浮気」きっかけをなくすためには?

「妊娠中の浮気」きっかけをなくすためには?
子どもに事実が伝わったとしたら……
妊娠中に妻がどうしてもセックスできない体調であるとか、浮気はしないで欲しいことは承知で、男性側が性欲の処理に妻以外の誰かとするというのはいかがなものでしょう。そもそも、妊娠中のパートナーがいるにもかかわらず浮気をする男性は、女性を性処理の相手と位置づけているセクシャリティなのではないでしょうか。「よくあることだから」で片付けたくない問題ですね。

男性のセクシャリティが「妊娠中の浮気など論外!」と思ってくれていても、女性側が「セックスは応じられないから、その道のプロとの遊びなら許す」というセンスの人もいるという話は聞きます。私の周囲にはそんなドライな女性はいませんが、もともと女性側が夫婦の性生活に淡白で、妊娠中のセックスはあり得ない、さらに夫が遊びなら外でセックスしてもよいという条件が揃うと、妊娠中の浮気は発生しやすいかもしれません。

どんなきっかけであれ、これから生まれてくる子どもに事実が伝わったとしたら、「オトコの甲斐性」とは説明できません。赤ちゃんにとっては、相手が誰であれ、「パパはほかにもママを作ろうとしていたの?ほかにも赤ちゃんを授かろうとしていたの?」と言われてしまう行為です。避妊をしたから浮気相手に妊娠は望んでいないといっても、実際に「望まない妊娠&中絶」の原因は「避妊の失敗」が多くなのです。

恋愛感情がない相手との性行為は「浮気」というより、「浮肉」とよばれることはよくあります。「浮気」にせよ「浮肉」にせよ、する方もさせる方もカッコ悪いことです。

二人のセクシャリティについて話し合おう

浮気のきっかけは、二人が性エネルギーの行方について理解し合っていないことから始まります。男性は生理的に射精を必要としますから、妊娠中でも性欲があるのは健康な証拠です。それを妊娠中にどう受け入れるか、しっかり心重ねて話し合うことが、浮気のきっかけをなくすことです。

浮気をされてしまったとしても、女性としての魅力がなくなったとか、もう母親になるからと女性としてみてもらえなくなったということではありません。「真っ向から、二人のセクシャリティについて話し合ってみて!」と、赤ちゃんからのオーダーかもしれません。怒って泣いて、無理やり浮気をとめるだけではなく、ぜひ、ぜひ勇気を出して、二人でセクシャリティの世界を豊かにしたいかということを話し合うきっかけを作って。

そして、ワクワクできる未来像をイメージさせられるように、自分もできる努力をしてみましょう。その努力ができるのも、自分だけしかいません。関係性を終わらせるのは簡単だけど、克服したら、もっと深い絆で結ばれるはず。

妊娠はふたりのセクシャリティを産みなおすチャンス

妊娠中のセックスも
「自分たち」流を二人で創って
妊娠中にセックスができないということはありません。ちょっと不安定な体調のときはお休みするにしろ、男性の性のサイクルは定期的。男性のからだのメカニズムを科学的にもあらためて認識し、見てみぬふりをしないできちんと向き合うことからしか始まりません。パートナーも最初のうちは妊娠中のセックスは抵抗感があるかもしれませんが、マタニティ雑誌などには男性の悩み相談ページなどが豊富にあります。そういった情報を二人で入手して、世界を広げましょう。

初めての妊娠出産なら、妊娠中のセックスも初めての二人です。最初からベストな方法に出会えるカップルは皆無で、みんな自分たち流の「しごこちのよいセックス」を時期ごとに、人生のステージごとに、二人で創っていくのです。世界中を仕事で回る私ですが、世界中どこのカップルでも悩みは一緒です。

二人の関係性が問われる「浮気」が妊娠中に起きてしまうのは、とても悲しい出来事かもしれませんが、実際に起きてしまう場合も少なくありません。二人の関係性は、本当はまだまだこれから。妊娠中ということは、ひとりの人生の持ち主である赤ちゃんが二人を親に選んでいるということなのですから、前向きにふたりのセクシャリティを産みなおすチャンスとして、新しい自分を生んでください。

<関連記事>
妊娠・産後にセックスレスにならないために
妊娠中・妊婦のセックス注意点!産婦人科医が徹底解説
「産後クライシス」!なぜ産後の夫婦関係はこじれるのか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、自己判断せず必ず医療機関に相談してください。