MY枕、ハーブ、癒しグッズを取り入れて

癒しグッズを取り入れて
上手に自分の時間をつくって息抜き
授乳期は短期集中睡眠というお話をさきほどしましたが、疲れやすい産後、育児中だからこそ、良質の睡眠がとれるような工夫をしたいですね。

よい睡眠のためには、寝具にも配慮が必要ですが、まずは枕を見直すといいようです。私も産後に助産師がアドバイスをしている整体・健美サロンでみてもらったら、とても首が疲れていると指摘されて、頚椎のラインに沿った適切な枕を作りました。それを使ってからは、しっかり眠れるようになり、首や肩の疲れも軽減しました。出産を機に「MY枕」をオーダーしてみるのもいいですね。

また、授乳中は母乳の出がよくなるタンポポティーを飲んだり、胃腸にも優しくてリラックス作用のあるカモミールティーを飲んだりと、ハーブを取り入れている方も多いと思います。私は、「ちょっと疲れたかな」と思うときや「風邪を引きそう……」と感じたときに「エキナセア」というハーブのエキスを飲んで、元気を回復しています。これは、アメリカの先住民たちが伝統的に使ってきた免疫を高めるハーブだそうです。アメリカに行ったときなどにハーブショップで見つけたら購入していましたが、最近は日本でも人気のようで、先日も助産師さんの集まりでおすすめされていました。

育児疲れが溜まってしまうと、考え方までネガティブになってしまうこともあります。母親の気持ちが不安定だと、子どもにも伝わるもの。自分の時間を作ったり、癒しグッズを取り入れることは、決して贅沢でも手抜きでもありませんので、上手にリフレッシュしてください。



【関連リンク】
ママにお昼寝の1時間、美容院の2時間を!
ベビーマッサージを学ぼう
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。