お産が長引きやすいけれど、30代後半と大きく変わるわけではない

この自然出産できたグループで、分娩所要時間を見ると、初産婦さんでは、第二期(子宮口が全開してから誕生まで)では30代前半から、第一期(陣痛開始から子宮口全開まで)では30代後半から長くなる傾向が見られました。しかし、30代後半と40歳以上のグループ間に変化はほとんど見られませんでした。

また、経産婦さんの場合はどうかというと、なんと40代の妊婦さんは20代と比べても分娩所要時間が変わりませんでした。昔、多産の時代には、医療は未発達だったのに、今よりずっとたくさんの人が40代で末の方の子を産みました。それができたことも、この数字を見るとうなずけます。

知られてない40代の出産力

40代の出産は数が少なく、また年齢だけで慎重になってしまう傾向があるので、まだその本来の出産力は知られていないと思います。これから40代出産が増え、それがわかってくるのかもしれません。今回、データを提供してくださった井上裕美先生は、こう言います。
「40代で初めて産む人については、ゆっくりの進行になることは予想します。でも、お産はやってみなければわからないし、現に半分の人は医療を使わないで出産しました。チャンスは、持ってもいいと思います」

【ご協力いただいた先生】
湘南鎌倉総合病院 井上裕美先生


                      イラスト 平井さくら


■関連記事
高齢出産
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。