秋篠宮紀子さまが皇室初の帝王切開出産をなさいました。手術日が近づくにつれ国民全体にドキドキ感が広がり、そしてうれしいニュースが流れたあの日。このとき、同じ帝王切開という形で出産したことがある全国の女性たちは何を思ったのでしょうか。帝王切開のサイト「くもといっしょに」の管理人やすべーさんにうかがいました。


たくさんの人に帝王切開のことをわかってもらえてうれしい

河合 今回の紀子さまのご出産は、これから帝王切開する方に勇気を与えたのではないかと思いますがいかがですか。

やすべー そうですね。帝王切開のイメージは明るくなったと思います。そして一般社会が帝王切開というものに注目してくれたのがうれしかったですね。私のサイトは手術日が近づいたころからアクセス数が跳ね上がり、普段の10倍くらいになりました。

帝王切開のことは、妊婦さんの行くクラスでさえほとんど話題にされることがないんです。「痛みを知らないで産んだ」などと偏見の言葉を言われる人も少なくありません。世間が帝王切開をしなければならない女性のことをあまりよくわかっていません。でも、今回のご出産でまわりに理解されやすくなったのではないでしょぅか。

紀子さまが使った「硬膜外麻酔」はできない病院もある

河合 やすべーさんが紀子さまの帝王切開報道を見ていて注目されたポイントは?

やすべー 硬膜外麻酔、カンガルーケア(赤ちゃんとのスキンシップ)、臍帯血提供‥‥この3つですね。どれもいいことだと思うし、希望するお母さんが多いと思います。でも、どの病院でもできることではありません。全国の産科医の方々にこの報道を知って頂き、ご自分のなさる帝王切開にとりいれていただけたらいいなあ、と思いました。臍帯血提供は施設の制約があるようですけれど。

特に麻酔は大きな問題ですね。私たちのサイトでも重要テーマのひとつで、この硬膜外麻酔はやはりいい麻酔だと思います。硬膜外という場所にカテーテルを入れて薬を注入するのですが、意識がなくならないし、術後もカテーテルを留置し麻酔の恩恵を受け続けることができるのです。

>>全身麻酔になった人は産声が聞けない>>