102名の母乳でビスフェノールA(BPA)を測定


女性の初乳から、プラスチックの原材料であるビスフェノールA(BPA)が検出されました。BPAは1998年に環境庁(現・環境省)が環境ホルモンとして指定した67種の物質のひとつです。

最新の測定技術が微量の測定を可能にしたばかりで、害や安全な範囲についてはまだ明らかになっていません。それでも「赤ちゃんに尿道下裂(男性性器の女性化)が増える」という報告があり、乳ガン細胞、女性ホルモンへの影響も疑われています。

ペットボトルを飲んだ人には統計学的有意差


写真のタイトル
ペットボトル飲料を飲んでいた母親(78名)の初乳からは3.59ng/mlのBPAが検出され、飲まなかった人(24名)の2.72ng/mlより有意に高かった。
調べたのは、静岡県立大学看護学部の立岡弓子さん。人体のBPAについては、これまで血液、臍帯血、羊水が調べられていますが、母乳で測られたのはこれが初めてです。

立岡さんは、102名の母親の初乳を、分娩後3日目に採取し、その中に含まれていたBPAを測定しました。また、その価が「BPAを使用した容器を使って飲食していたかどうか」で変化するかを見ました。

BPAを使用した容器を使ったかどうかを知るため、初乳を提供した人に聞いたことは、「コンビニ弁当を食べていたか」「カップめんを食べていたか」「ポリカーボネイト製容器を使っていたか」「ペットボトル飲料水を飲んでいたか」「缶コーヒー飲料を飲んでいたか(缶飲料だが、コーヒーは缶の内側にBPAを含むコーティングがしてある)」の5項目。

結果は、ごく微量であるものの、すべての初乳にBPAが出ていることがわかりました。そして、BPAを使用した容器を使っていた人は価がやや多くなっていて、特にペットボトルの場合は、統計的有意差=「明らかに差がある」と統計学的に判断される差がつきました。

現代人なら、誰もが頻繁に摂取しているBPA。これとまったく無縁に生きていくことは、母親も赤ちゃんも難しいことでしょう。でも、立岡さんはこう言います。「妊娠・出産をする人は、この物質について、もっと知識を持つべきではないでしょうか。BPAは、本人の心がけで、摂取するかどうかを決められるからです」

■続きの記事を読む
BPAの摂取量を減らすには?




■関連記事集
母乳
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。