メンズスーツの種類と基礎知識

ゼクシィトレンド調査2009によると新郎の74%がタキシードを着用し、紋服(紋付き袴)26%、フロックコート25%の割合で衣裳を選んでいるようです。「俺も主役」と思う男子が増えているのか、衣裳にこだわり、費用をかける新郎が着実に増加しています。もちろん新郎がカッコ良くなることは新婦の喜びにもつながるので、大いにこだわって欲しいものです。

式の時間帯によってドレスコートがあるメンズスーツ
 

カッコ良ければ何を選んでもいいわけではないのはご存知ですか? ドレスと違って、新郎のフォーマルウエアは結婚式の会場やスタイル、時間帯によってドレスコードというものがあります。それを踏まえた上で新婦とのコーディネートを考えて選ぶ、というのが通常です。それではまず、そのドレスコードというものを見てみましょう。

衣裳の分類は時間帯とフォーマル度(正礼装、準礼装、礼装)で区分けされています。
メンズブライダルファッション

メンズブライダルファッション


また、会場に合わせたドレスコードまで頭に入れておけば完璧です。

■格式のある会場
タキシード、テールコート、モーニングコート、フロックコート

■カジュアルな会場
ディレクターズスーツ、タキシード、ブラックスーツ

ご覧のとおり、タキシードはどこの時間帯や場所でも通用する万能な衣裳と言えます。

それぞれのスーツの特徴をご説明しましょう。