加湿器のメーカー別情報

加湿器は、ヒーター式、気化(ヒーターレス)式、超音波式、ふたつの方式を使うハイブリッド式(温風気化・加熱超音波)と、いろいろな加湿方式がありますが、全てのメーカーが全ての方式を扱っている訳ではありません。どのメーカーがどの方式に力を入れているか、どの方式が得意か、など知っておくと選びやすくなるでしょう。

最近は、空気清浄機に加湿機能付きタイプが増えているため、加湿器単体のニーズは減っているかもしれません。しかし、毎年人気の機能をしっかり反映した新製品は出ています。

例年、新製品は9月頃から発売され、乾燥のピークを迎える冬に入る11月頃までには出そろいます。新製品から検討したい人は、この季節から商品比較をスタートするとよいでしょう。

価格は、2000円台のものから7万円前後のものまで幅広くありますが、1~2万円台がボリュームゾーン。安いものは、フィルターのない非常にシンプルな構造で簡易的なものが多いので、本格的な加湿をしたいならボリュームゾーンがおすすめです。

それでは、各メーカー別の特徴をお伝えします。

■INDEX 


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。