このニュース、どういう意味?

このニュース、どういう意味?

円高、株安が進む中、「長期金利が0・895%に低下」というニュースが流れました。

これについて、「金利が下がったのはわかるけれど、新聞記事の意味がわからない」という声を頂きました。ちょっとややこしい話なのですが、できるだけ簡単に説明したいと思います。



【新聞記事 2010年8月25日付け 産経新聞のサイトより】

25日の東京債券市場では、日銀による追加金融緩和の観測を背景に、長期金利の指標となる新発10年物国債の流通利回りが一時前日比0・015%低下(債券価格は上昇)し、0・895%を付け、2003年8月以来、約7年ぶりに0・9%を下回った。株価が下げ止まらず、安全資産の国債に逃避する資金シフトも続いている。

 

長期金利とは? 新発10年物国債とは?

長期金利とは、期間1年以上のお金の貸し借りの際の金利です。長期金利は、政府や日銀が決めるものではなく、市場でのお金の需要と供給によって決まります。

指標として利用されるのが、「新発10年物国債の流通利回り」です。これは、一番最近発行された10年物国債のこと。この新発10年物国債が、市場で何%の利回りの国債として売買されているのか。それが「流通利回り」です。