台湾のホテルは安い? 高い?

台北市にあるデザイナーズホテル、城市商旅

台北市にあるデザイナーズホテル、城市商旅

台湾の個人旅行でホテルをとろうとしたら、意外と日本と同じくらいの値段だった、と思った人も中にはいるのではないでしょうか。

これは計算方法の違いによるもの。日本は1人当たりいくら、という表示ですが、台湾のホテルはルームチャージ、つまり1部屋いくらという料金で計算します。ですから1人で泊まった場合は台湾の物価に比べて高めという印象ですが、1部屋を2人で宿泊すれば割安になります(人数が増えると朝食代が加算されます)。

ホテル料金は地方に行くほど宿泊料が安くなるため、ヨーロッパからの旅行客などは台北にこだわらず高雄など地方の高級ホテルにステイして、新幹線で移動する人もいるんです。

台湾の高級ホテルの相場

高雄市内にある高級ホテル、漢來大飯店

高雄にある高級ホテル、漢來大飯店

台湾の高級ホテルは、正規宿泊料金で8,000台湾元(約24,000円)~が相場です。旅行代理店などを通すと半額近い料金で泊まれることもあり、さらに台湾ではホテル料金=ルームチャージなので、16,000円 の部屋なら2人で泊まれば1人8,000円で泊まれる計算に。ワンランク上のホテルステイも台北なら気楽にトライできます。

 

台湾のデザイナーズホテルの相場

Justsleepホテルは細かな部分にもこだわったデザイン

Justsleepホテルは細かな部分にもこだわったデザインが魅力

台湾のホテルライフの特徴として、インテリアデザイナーが内装を手掛け、小規模ながらも美しく整えられたデザイナーズホテルというものがあります。

デザイナーズホテルの相場は、安いところで9,000円(3,200台湾元)~、高いところで23,000円(8,000台湾元)~といった価格帯。高級なデザイナーズホテルほど旅行代理店でのキャンペーンでお得に泊まれることが多いです。

 

台湾のビジネスホテルの相場

優美飯店は貸自転車、貸Wii、貸洗濯機が全て無料

優美飯店は貸自転車、貸Wii、貸洗濯機が全て無料で用意されています

ビジネスホテルであれば2,800台湾元(約8,500円)~くらいが相場です。ビジネスホテルは客の少ない土日に割引をしているところがあり、観光客にとってはお得に泊まれることもあります。

日本人ビジネスマンを対象としたビジネスホテルの多くは日本語が堪能なスタッフがいて、何かと便利。

 

台湾の低価格ホテルの相場

駅から遠いけれど永康街に近い穴場ホテル、HOTEL73

駅から遠いけれど永康街に近い穴場ホテル、HOTEL73

低価格のホテルは2,000台湾元(約6,000円)~が相場。ただし低価格ホテルの中には部屋が狭め、窓が開かない(隣のビルと至近などの理由)、バスタブなしのシャワーのみ、朝食なし、駅から遠いなどといったホテルもあります。

駅から遠いホテルも、視点を変えれば夜市が近いなど、かえって観光に適したものもあります。

 

台湾のゲストハウスの相場

パピヨンハウスはIKEAの家具を使ったシンプルインテリア

パピヨンハウスはIKEAの家具を使ったシンプルインテリア

ゲストハウスとは、シャワーやトイレは共同の安宿で、学生やバックパッカー、留学生などとにかく安く泊まりたい人に人気です。

4~6人くらいで1部屋をシェアするドミトリーは一泊450~700台湾元(約1,260~1,960円)くらいが相場。夏は冷房費が別に加算されるところもありますが、それでも格安。むしろ市内の格安ホテルよりも清潔感があるゲストハウスもあるくらいです。

もっと詳しい台湾のホテル事情は>>>台湾のホテル

※1台湾元=2.8円で計算しています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。