前回の記事「性格に合った投資スタイル」では、人それぞれの性格に応じて、それに合った投資スタイルを紹介してきましたが、今回は「ライフスタイル」を基にして投資スタイルを考えていきましょう。

日中投資をする時間がない人

画像の代替テキスト
自分の時間が取れるかどうかで、投資スタイルを変化させていく。他にやるべきことがあるのであれば、優先順位を考えて行動しよう。
たとえば昼間働いている人や学生などは、市場が開いている午前9時から午後3時(午前11時から午後12時半までは昼休み)の間には取引をするのが難しいと思います。さすがに仕事中に株取引、授業中にデイトレというわけにもいかないので、そういう場合には投資スタイルを考える必要があります。

日中取引ができないのであれば、短期で行うデイトレードは諦めて、1度買えばしばらく売らないという長期的な投資が向いていると思います。長期投資には時間的なメリットがあるだけではなく、長期間株を持っているんだと思うことで、株価の変動も気にならなくなるという、精神的なメリットもあります。

常に株価の動きが気になるというのでは、仕事にも勉強にも集中できません。そんなことがないように、他に集中すべきものがある人には長期的な投資をおススメします。

夜間取引を取り入れる

昼間の時間がないのであれば、夜間取引という方法もあります。これは、通常の取引が終わった後でも取引ができる仕組みで、SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券クリック証券などで行うことができます。

夜間取引が行われている時間は、仕事が終わって帰宅し、ご飯を食べて一休みをしてもまだ間に合うような時間がほとんどなので、注文なども割りと余裕を持ってできそうです。

日中の取引が終わった後でニュースが出た銘柄や、海外市場の動きに反応する銘柄などの動きも観察できるので、買う買わないは別としていい勉強になることもしばしば。

さらに、夜間取引で動きがあった銘柄は、翌日市場が開いてからも動きがある可能性が高いので、マークをしておくのも1つの手です。

ここまでは、長期的な投資をメインに考えてきましたが、次のページでは短期売買が可能なライフスタイルを見ていくことにしましょう。