外貨預金の魅力とリスク

外貨預金とは…?にお答えします!

外貨預金とは…?にお答えします!

アベノミクスで円安が進み、注目を集めている外貨預金。円安になれば為替差益が得られるなどのメリットがある一方、元本割れが起りうる、ペイオフの対象外などのデメリットもあります。魅力とリスクの両面からチェックして、外貨預金のイロハを学びましょう!

外貨預金って?

外貨預金は米ドルなど外国の通貨建ての預金のこと。銀行によって、米ドル、ユーロ、オーストラリアドルを中心にイギリスポンドやスイスフラン、香港ドル、南アフリカランドなど様々な通貨建ての預金が取り揃えられています。

円預金と同様に普通預金と定期預金があり、普通預金は年○%、1年定期は年○%というように金利はあらかじめ決まっているのが一般的です。

外貨預金を預けるときのレートTTS、引き出すときのTTB

外貨預金の場合、預けるときには「TTS」、引き出すときには「TTB」と呼ばれるレートが適用されます。これは外国為替手数料(為替手数料)込みの為替レートと考えると分かりやすいでしょう。

近ごろでは、為替手数料が1通貨単位あたり(例えば1米ドルあたり)何円必要なのかを分かりやすく表示するところが増えてきたので、比べて選ぶことも容易にできるようになりました。

外貨預金は円預金と同様に元本は保証されているものの、保証されるのが「外貨建ての元本」だということは覚えておきたいポイント。つまり、預けるときと引き出すときの外国為替相場(為替レート)によっては、元本割れも起りうるということです。

外貨預金は外国へ投資する方法の1つです。外貨預金以外にも外貨建てMMFやFX(外国為替証拠金取引)などの選択肢がありますが、ここでは外貨預金ならではメリットとデメリットを紹介しておきましょう。

外貨預金のメリットとは何?

外貨預金は多くの銀行で取り扱われているので、すでに口座を開いている銀行などで簡単にスタートできます。他の金融機関に新しい口座を開くためには書類のやりとりをしたり個人情報を提供したりある程度手間がかかるので、初めてで面倒だと感じるなら日頃使い慣れている銀行などで始めているのもよいでしょう。

外貨建ての元本は保証されるものの、実質的に元本割れするかもしれない外貨預金を始める人がいる理由は何でしょうか?通貨にもよりますが、円預金よりも金利が高めであること、アベノミクスで円安傾向にある今、円安が進めば利益が得られるなどの期待の持てる面もあるからです。Webサイトの中には外貨預金の受取額がシミュレーションができるものもあるので、為替が期待通りに動いた場合とその逆の場合の両方を試してみることをオススメします。

外貨預金のデメリットとは?

一方、いわゆるペイオフの対象外だという点は外貨預金のデメリットです(ペイオフについて詳しくは、注意!外貨預金はペイオフ対象外を参照して下さい)。万一銀行などが破たんした場合にはカットされる可能性もあるので、1カ所に多額のお金を集中させないのが無難です。また、FXと比べて為替手数料が高めなところがデメリットといわれている外貨預金ですが、ネットで預け入れができる銀行は都市銀行よりも割安な手数料が設定されていますので活用してみてはいかがでしょうか。

外貨預金のリスクと対処法についてもっと詳しく知りたい方は、しっかり理解しておきたい外貨預金のリスクを参照して下さい。


【関連記事をチェック!】
はじめての外貨預金は損益分岐点に注意を
夏ボーナスで始める8万円からの外貨預金
円安が行き過ぎているかどうかを見分ける方法とは?