節約では限界がある

無駄なものにお金を使わない。不要な出費は控える。同じ満足度を得られるなら、できるだけ安く済ませる。いわゆる節約や倹約は確かに重要です。生活の損益分岐点を下げ、ローコストで生活できる体制を作っておくのも必要なことです。

節約だけではない発想の広げ方

節約だけではない発想の広げ方



給与カットやボーナスカットなどによる緊急時は、こうした止血策は効果があります。収入を増やすには、ある程度の時間がかかりますが、コストカットはすぐにできるからです。しかし、今後予想される増税や、社会保障関連の負担増を考えると、節約では間に合わないのではないか、という不安があります。

たとえば消費税が10%になったら、自動的に生活コストがアップします。健康保険料や年金保険料がアップすれば、さらに生活が圧迫されます。そうなると、使える金額がどんどん目減りし、人生の自由度も狭くなってしまいます。

また、生活にはやはりお金がかかりますし、より快適な生活をするには、やはりお金が必要です。手取り月収が30万円だとすれば、いくら節約しても、使える上限は30万円です。

節約は発想の貧困化を招く

そして、節約志向のもっとも大きなデメリットは、発想の貧困化です。
節約は簡単です。調べて比較して、値段の安い方にスイッチすればいいだけですからね。住宅ローンの金利、家電製品や洋服、ケータイ料金や野菜の値段しかり、です。あるいは、ただ単純にガマンして買わない。

しかし、なかなか収入が上がらない中で「いかに収入を増やすか」について真剣に取り組もうとする人は多くありません。なぜかというと、収入を増やすには、「より深く考え、より徹底して行動する」という面倒くささがあるからです。

確かに節約は創意工夫という側面もありますが、収入を増やすための創意工夫と比較したら、雲泥の差があります。

だから発想を広げる。10円安い商品を探したり、ペットボトルで小物入れを作ったりする時間があるなら、収入を増やすために知恵を働かせる。自分を成長させるためにお金を使う。

人間には、視覚、嗅覚、聴覚、味覚、触覚の5感がありますが、それ以外にも、第六感から第十感まで、未開発の能力があるとされています。

人は生まれてから死ぬまで、脳の機能では最高でも25%、遺伝子に隠されたゲノム情報レベルでは数%しか活用することなく、この世を去ると言われています。

にもかかわらず、自分の能力を伸ばし、活かそうという意欲を失ってしまうのは、あまりにもったいない。