直葬(ちょくそう)とは

高齢化で参列者の減少も直葬ブームに拍車をかけています

高齢化で参列者の減少も直葬ブームに拍車をかけています

直葬(ちょくそう)とは、今から5~6年ほど前に造られた言葉で、通夜や葬儀といった儀式を行わず、原則的に火葬のみで済ませる葬儀スタイルを言います。火葬だけの葬儀スタイルは過去にもありましたが、それまでは金銭的な問題を抱えている人や、身元不明者や生活困窮者など、どちらかというと訳ありケースが主。それが今ではすっかり新しい葬送方法と認識され、「じきそう」と読む人も減り新語として定着してきました。

正確な統計はありませんが、葬儀社からの印象をまとめると少なくとも10%ほど、多いところでは30~40%の人が直葬を希望しているそうです。

直葬の流れと費用

一般的な直葬の流れは、臨終→安置→納棺→出棺→火葬(死後24時間を経過した後)→収骨→遺骨安置となります。通夜・葬儀といったセレモニーは行いませんが、安置場所に僧侶を招いて枕経をお願いしたり、火葬炉の前で簡単な炉前法要を行っていただくことは可能です。

費用については、セット料金で10万円~30万円ほど。この差は主に火葬費用(地域によって異なる)と人件費によるものです。この中に含まれているものは、だいたい次のとおりになります。

  • 火葬費用……地域によって異なる。数千円~15万円くらい
  • 寝台車・霊柩車……距離に応じて加算。約1万5000円~
  • ドライアイス……1日1万円前後
  • 棺……5万円前後~
  • 骨壷……1万5000円前後~
  • 人件費……5万円前後~
その他、自宅用安置祭壇、位牌、線香・焼香セット、花束などが含まれることもあります。