.odsファイルを開くなら「OpenOffice Calc」

「.ods」という拡張子のファイルは、Microsoft Excel互換ソフトのOpenOfficeの表計算ソフトであるCalcのファイルの拡張子になります。OpenOfficeは無料で使えるため、2台目のパソコンなどで特にMicrosoft Excelの代用品として使うケースが増えています。OpenOfficeでファイルを作成した場合、標準でこの「.ods」という拡張子のファイルを作成します。
OpenOffice Calc

OpenOffice Calcでは「.ods」の拡張子のファイルを標準で使う


OpenOfficeはLinux用のソフトも出ているため、まだまだシェアを伸ばす可能性があります。そのため「.ods」形式のファイルを目にするのはこれから増える可能性があります。

また、Microsoft Word互換ワープロソフトのWriterでは「.odt」、Microsoft PowerPoint互換のプレゼンテーションソフトのImpressでは「.odp」という拡張子のファイルが標準で作成されます。これらもOpenOfficeをインストールしておけば開くことができます。これらの拡張子のファイルを開けるようにするためにも、OpenOfficeのインストールをお勧めします。

このソフトのダウンロードはこちらからどうぞ。
OpenOffice


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。