かるパック CV-PR200 undefined発売は9月10日予定、価格は6万円前後

かるパック CV-PR200  発売は9月10日予定、価格は6万円前後

サイクロン式掃除機と比べ、ゴミが溜まったらそのまま捨てればよくて便利な、紙パック式掃除機。日立アプライアンスから今秋発売される「かるパック」は、捕集率99.999%のきれいな排気と小型化を実現した、プレミアムクラスの紙パック式掃除機です。掃除をする際の臭いが気にならないのはもちろん、家事もラクになると注目されています。

排気がきれい、床面のちりも舞い上がりにくい

紙パック式掃除機を選ぶ際、気になるのは排気のきれいさ。「かるパック」は、紙パック内でゴミをしっかりキャッチして消臭し、高性能の集じんフィルターを介して排気する仕組みを採用。これにより、捕集率99.999%を実現したそう。

さらに、排気風にもひと工夫。分散させて斜め上方に排気することで、床面のちりの舞い上がりも抑制します。赤ちゃんのいる家庭には嬉しいですね。

従来機種に比べて大きさ約28%、重さは約22%低減

家中を掃除するなら、コンパクトで運びやすいのは大切なポイント。「かるパック」は、内部のモーターケースを小さくするなどの工夫で、大きさは約28%、重さは約22%低減。これなら収納スペースを確保しやすく、掃除するのがおっくうになりません。

フローリング上の菌まで拭き取る新ワイドごみハンターヘッド

ヘッドはモーターで自走するので、拭き掃除もラクチン

ヘッドはモーターで自走するので、拭き掃除もラクチン

さらに、フローリングの拭き取り機能がついたハンターヘッドも搭載。ブラシの密度が高いので、菌レベルまで拭き取れるそう。毎日ぞうきんがけをするのは大変ですが、掃除機をかけるついでに拭き掃除までできたら、家事の手間が省けそうですね。


【商品詳細】
プレミアムクラスの紙パック式クリーナー「かるパック」ニュースリリース

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。