バルコニーとは「ロミオとジュリエット」タイプ

一方、バルコニーとは建物から外に張り出した部分のことで、屋根のない手すり付きの台のこと。露台ともいわれます。「おおロミオ、ロミオ、なぜあなたはロミオなの?」――あの有名なロミオとジュリエットが愛を語り合ったのは、イタリア・ベローナの街にあるバルコニー。そう聞くと、バルコニーを想像しやすいかもしれませんね。


一般的にベランダより広く、特に下の階の屋根を利用した場合にはルーフバルコニーと呼ばれ、バルコニーでガーデニングを楽しむこともできます。特に海外では、バルコニーをハンギングバスケットできれいに飾る習慣があり、バスケットに水をあげると下を歩く人の頭に水がかかってしまうのですが、それも屋根のないバルコニーの形状だからなのです。


バルコニーは建物から張りだしたタイプ。スイスでは鉄柵のバルコニーにたくさんの花を飾る光景も見られる

バルコニーは建物から張りだしたタイプ。スイスでは鉄柵のバルコニーにたくさんの花を飾る光景も見られる

建築基準法では、手すりの高さは110cm以上にすると規定されていますが、バルコニーに置かれた荷物やプランターなどに小さな子どもが乗って柵を越えて転落するという事故がよく起こりますので、バルコニーを活用するときには十分な配慮が必要です。

 

1階ならテラスもあり

こんなテラスでティータイムが楽しめたら、賃貸生活も楽しくなりそう!

こんなテラスでティータイムが楽しめたら、賃貸生活も楽しくなりそう!

一戸建てだと、建物の1階の前面に庭へ向かって張り出された、地面より一段高い広めのバルコニーがあります。これがテラスと呼ばれるもの。リビングやダイニングから直接出入りできるようになっており、「アウトビリング」とも称されてリビングと一体になった広めの空間として活用され、人気。その上を木材で覆ったものがウッドデッキと呼ばれています。

テラスのある賃貸物件の数は少ないですが、一戸建てテラスハウス、タウンハウスなどをチェックしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。