「名づけ」というタイトルの本は占いの本が多く、占いの流派によってさまざまな内容になっています。それは必ずしも名づけに必要な知識ではありません。
 

なぜ本によって内容が違うのか

あ

名づけの本は姓名判断(字画占い)の本が多い

「名づけの本は書いてあることがみな違って、どれを信じていいかわかりません」とおっしゃるかたがたくさんいます。でもそこには大きな誤解があるのです。「名づけの本」とおっしゃるけれども、ほとんどの場合、お読みになっているのは「占いの本」だということです。市販の「名づけ」というタイトルの本は、「占いの本」の本が非常に多く、多くの人はそれを名づけの本だと思って読んでいるのです。

名づけに必要な知識が書かれた専門書は、数が少ないですから、そう何冊も手に入れて比較することはできませんし、専門書の内容がそれほど違うこともありません。

占いの本なら内容が違うのは当たり前で、同じだったらかえっておかしいのです。占いの業界には多くの組織があり、姓名判断だけでも何十もの流派があり、字画の数え方や判断のしかたはマチマチで、同じ氏名でも流派(本)によって大吉になったり大凶になったりします。しかも流派は増え続けています。占いの世界に共通した占い方は無いのです。
 

本を手にする前に知っておきたいこと

とにかくやみくもに本を見るのではなく、自分にとってどんな本が必要なのか、ということが大事です。占いに従わず、自分で好みの名前をつけたいのであれば、占いの本を見ても使いようはありませんので、もちろん見ないほうがいいでしょう。

占いが大好きで、占いに従って名づけをしたいということでしたら、流派によってつけられる名前の範囲が違いますから、流派を一つに決める必要があります。占いの本を使うのであれば一冊だけを選び、何冊も見ないことです。

※画像提供 子供や赤ちゃんのイラストわんパグ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。