姓名判断は人の氏名と運勢を結びつける占いで、名づけのいろいろな方法の一つに、姓名判断に従う名づけがあります。いわゆる名字と字画の合う名前を作る方法で、名づけの本やサイトのほとんどはこの名づけが書かれています。
 

名づけと姓名判断は別のもの

「名づけ」と「姓名判断」はじつによく混同されますが、まったく別のものです。世の中に占いがあろうが無かろうが、名前はつけなければなりません。また良い名づけであるかどうか、良い名前であるかどうかということと、占いでどういう判断になるかということは、まったく関係のない話です。
 

姓名判断の占い方

a

姓名判断では字画占いが主流

姓名判断のなかで広く知られているのが字画占いです。占い方は簡単で、氏名の文字の画数から次のように5通りの足し算をして5つの格数を出し、その数が良いか悪いかをみるのです。

 安  室  奈  美  恵
  6   9   8   9  10

天格数(名字の部分の合計:成功運をみる)……6+9=15
人格数(名字の最後の字+名前の最初の字:人生全般をみる)……9+8=17
地格数(名前の部分の合計:人生の前半をみる)……8+9+10=27
外格数(人格数以外の部分の合計:人格数の補助としてみる)……6+9+10=25
総格数(氏名全部の合計:人生の後半をみる)……6+9+8+9+10=42
 

1字名字や1字名前の場合の数え方

1字名字や1字名前の場合はつぎのように外側に1を書き加えて計算します。

  堺  正  章
1 12    5  11

天格数……1+12=13   人格数……12+5=17   地格数……5+11=16
外格数……1+11=12   総格数……1+12+5+11=29

  野  々  村   真
11    3   7    10   1

天格数……11+3+7=21  人格数……7+10=17  地格数……10+1=11
外格数……11+3+1=15  総格数……11+3+7+10+1=32