プロセスの逆転

否定的な言葉を使っているとその通りになってしまう

否定的な言葉を使っているとその通りになってしまう

子どもに対して「何やっても、下手ね」とか「泣いてばっかりね」と否定的な言葉を使っていると、そのとおりになってしまいます。

反対に「いつもお手伝いしてくれてありがとう。弟の面倒を見てくれてありがとう」プラスの言葉をかけると、お手伝いをしてくれて、弟の面倒をよくみる子になっていくのです。これは、プロセスの逆転とも言われています。

次にほめ方ですが、ほめ方にも工夫が必要です。心をこめずに口先だけでほめることは、かえって不信感を抱かせます。


上手なほめ方の5つのポイント

子どもをほめるときは、以下の5つのポイントを意識してほめるようにしましょう。

  • 子どもをよく見ていて、心をこめてタイミングよくほめる
  • 何かをしながらでなく、子どもの目線まで下りて、しっかりと目を見てほめる
  • 抱っこしたり、あたまをなでたりして、スキンシップをとりながらほめる
  • 結果のみをほめるのではなく、プロセスや努力をほめる
  • 「○○チャンより上手だね」など他の子どもと比較しない


>> チビタス「上手なほめ方・叱り方」特集へ戻る
>> その他のほめ方・叱り方のポイントはこちら



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。