子どもの人格を認める

自分と子どもは、別人格なのだから、思い通りにならなくて当たり前と思うことが大切
親子の信頼関係を築くためには、子どもの人格を認めることも大切です。

親の中には、自分の価値観の幸せのレールに子どもを乗せようとする人もいますが、子どもによっては、親のそういった姿勢に反発する場合もあります。

親は、子どもは別の人格であることを理解して、自分の願望を子どもに押しつけないようにするべきです。

子どものことを、「私が産んだのだから、私の思い通りにするべき。子どものためを思って言っているのだから、私の言うとおりにすればいいのに。」と思っていると、思い通りにならない場合、それがストレスになってきます。

「自分と子どもは、別人格なのだから、思い通りにならなくて当たり前。」と言い聞かせ、子どもの言動を理解しようと心がけることが必要です。

【関連サイト】
「実践できる!子どもを上手に叱る方法 」
「叱る時、やってはいけない10か条 」






■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。