子供を取り巻く犯罪が、年々、エスカレートしています。目や耳を覆いたくなるような悲惨な事件が次々に起き、その度に、胸が締め付けられる思いです。私たち親は子どものためにいったい何ができるのでしょうか。

今回は、おすすめサイトとしてご紹介している「子どもの危険回避研究所」の所長、横矢真理さんに取材をさせていただき、「家の中」、「学校・保育施設」と「通学時」における犯罪の実態と子どもを犯罪から守るために、親子で何をするべきかについてのお話を伺いました。

「子どもの危険回避研究所」

さまざまな「危険」について調べて、みんなで「ここに気をつけて!」という情報を交換し、「むやみに怖がらない、立ち向かう人間になろう!」というのが、この研究所の目的です。

 「子どもの危険回避研究所」
 所長 横矢真理さん


'90年より、主婦の立場を生かした考現学的商品研究を始め、「子ども用サバイバルスーツの提案」など、子どもを取り巻く危険に関する研究で、商品科学研究所他より多数受賞。

'95年より主婦ネットワークを持つ会社の専務取締役を6年。その間、多数の女性やファミリー向けサイトをプロデュースし、現在は「ごほうびドットコム」「子どもの危険回避研究所」両サイトのWebマスターとして活動中!




 防犯のために何をすればいいの?(家の中編)

 防犯のために何をすればいいの?(学校・保育施設編)

 防犯のために何をすればいいの?(通学時編)

 位置情報サービスって何?

 万が一、被害にあったときは、どうすればいいの?


■■ <Q1> ■■

今回は、子どもを取り巻く犯罪についてお伺いしたいと思いますが、まず、子どもにとって、どういうところが危険なのか、教えていただけますか?


■■ <A1> ■■


下のグラフを見てください。2001年6月~7月に、当研究所が実施したアンケート集計結果(750名)をもとに、まとめたものです。

危険だと思う場所と、現実に危険な目に遭った場所




■■ <Q2> ■■

このグラフを見ると、安心だと思われている「家の中」は予想を裏切って危険が多い場所になっていますね。

ということは、家の中では、特に気をつけなければならないと思いますが、家の中で、犯罪に巻き込まれるといえば、どのような犯罪が考えられますか?