ウオークインの注意点

デッドスペースにしまったモノは、結果として死蔵品になる。

デッドスペースにしまったモノは、結果として死蔵品になる

ウオークインタイプの収納は人気があるのですが、その広さや形によって使い勝手の善し悪しに差があります。

特に期待はずれになりやすい点は、引き出しケースが使いにくい場合です。ケース本体は置くことができても、充分な余裕がないと引き出しが途中までしか開かないことがあります。これは図面だけで予想するのは難しいので、モデルルームやショールームなどで確認するといいでしょう。

またL型になったハンガーパイプは、コーナー部分で服同士がぶつかるため、実際に吊せる服の数は思ったよりも少なくなります。パイプ上にある棚も同じく、コーナーがデッドスペースです。こうした使いにくいスペースができるのは、仕方のないことと割り切るしかありません。ウオークインタイプのクローゼットを作るときや選ぶときは、そこに置きたい収納ケースの寸法と形、動作に必要な寸法のことも考え合わせて検討することが大事です。

あわせて、壁面に設けるクローゼットとウオークインとどちらの方法が最適なのか、比べてから判断しましょう。

面倒な衣替えが手早くできる秘訣もあります。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。