秋生まれの新生児に必要なベビー服

秋生まれの赤ちゃんは重ね着がポイント

秋生まれの赤ちゃんのベビー服は、重ね着がポイント

初めての出産では、何をどれくらい準備すればいいのか分からず、悩まれるママも多いと思います。また、秋は朝夕の気温の変化が激しいため、赤ちゃんの体調管理には十分気をつけなければなりません。上手に体温調節できるよう、アウターなどで重ね着するのがポイントです。

生まれた月によって新生児のうちに着せるベビー服が異なります。こちらでは9~11月の秋生まれの赤ちゃんに必要なベビー服の種類や枚数を紹介します。

出産準備リストのベビー服

必要度を◎=必要、○=あると便利、△=あってもなくてもよい、で示しました。それぞれのベビー服の詳細については、「ベビー服の種類と選び方」記事をご確認ください。

■短肌着
必要数:5~6枚
必要度:◎
50サイズはすぐに小さくなるため、60サイズも少し用意しておきましょう。10月以降に生まれる赤ちゃんには、長袖の短肌着が必要。

■長肌着
必要数:1~2枚
必要度:△
通気性の良いものがおすすめ。保温に役立ちます。コンビ肌着で代用しても良いでしょう。

■コンビ肌着
数量:4~5枚
必要度:◎
短肌着と重ねて使う。通気性の良いものがおすすめです。保温に役立ちます。

■ボディスーツ
必要数:2~3枚
必要度:○
短肌着の代わりに使ってもいいでしょう。季節に応じてアウターやボトムと組み合わせることもできます。

■ツーウェイドレス
必要数:2~3枚
必要度:○
新生児~3ヶ月ぐらいまでの普段着として使うベビー服。長い期間使えるので大きめのサイズを用意しましょう。

■カバーオール
必要数:1~2枚
必要度:○
足の動きが活発になる2~3ヵ月頃から着るベビー服。ツーウェイドレスと違い、ジャストサイズを着用させる。そのため、出産準備のときには少なめに用意し、赤ちゃんの成長や必要に応じて揃えていく形で良いでしょう。

■アウター
必要数:1~2枚
必要度:○
もう1枚何かを着せたいというときに重宝するベストやカーディガンがあると便利。お出かけをするようになってから用意すれば良いでしょう。

■アフガン・おくるみ
必要数:1~2枚
必要度:◎
退院時や授乳時の目隠しとしてはもちろん、お出かけのときにベビーカーのブランケット代わりや、肌掛けとしても使えます。室内はもちろん、外出時にも重宝するのでおすすめ。

>> 生後1~2ヶ月のベビー服の組み合わせ方