6月・7月・8月の夏生まれの新生児に必要なベビー服・肌着は?

夏生まれの新生児に必要なベビー服・肌着は、体温調整ができない赤ちゃんのことを考慮して

夏生まれの新生児に必要なベビー服・肌着は、体温調整ができない赤ちゃんのことを考慮して

初めての出産では、赤ちゃんの服をどれくらい準備すればいいのか分からず、悩まれるママも多いと思います。季節によって生まれたばかりの新生児に着せるベビー服の種類が異なるため、より分かりづらいのでしょう。

夏生まれの赤ちゃんは、冷房を使う室内と外との温度差が大きいため、衣類の調節で体調管理に気をつけなくてはなりません。暑いところでは肌着だけで過ごし、冷房がきいているところでは重ね着をするなどして赤ちゃんの体温調整をしてあげましょう。また、赤ちゃんは汗をたくさんかくので、こまめにお着替えをしてあげて下さいね。

 

夏生まれの赤ちゃんに必要なベビー服の種類・枚数・サイズ

6~8月の夏生まれの赤ちゃんに必要なベビー服の種類や枚数を紹介します。

必要度を◎=必要、○=あると便利、△=あってもなくてもよい、で示しました。それぞれのベビー服の詳細については、「ベビー服の種類と選び方」記事をご確認ください。

■短肌着
必要枚数:5~7枚
必要度:◎
50サイズはすぐに小さくなるため、60サイズも少し用意しておきましょう。汗取りの役目もあるので、通気性のいいものがおすすめです。

■コンビ肌着
必要枚数:4~5枚
必要度:◎
短肌着の代わりにウエアと合わせて使います。短肌着同様、通気性の良いものがおすすめです。股部分がスナップになっているものははだける心配もなく、おむつ替えも楽です。

■ボディスーツ
必要数:2~3枚
必要度:○
短肌着の代わりに使ってもいいでしょう。夏場はボディスーツ1枚で過ごしてもいいでしょう。ボトムと組み合わせることもできます。

■ツーウェイドレス
必要枚数:2~3枚
必要度:○
生まれたばかりの新生児~3ヶ月ぐらいまでの普段着として使うベビー服。長い期間使えるので50~70など大きめのサイズを用意しましょう。

■カバーオール
必要枚数:1~2枚
必要度:○
足の動きが活発になる2~3ヶ月頃から着るベビー服。ツーウェイドレスと違い、ジャストサイズを着用させます。そのため、出産準備のときには少なめに用意し、赤ちゃんの成長や必要に応じて揃えていく形で良いでしょう。夏場はショート丈タイプのデザインがおすすめ。

■汗取りパット
sion sion gauze汗取りパット

ガーゼ製の汗取りパットは肌をいつもサラサラにしてくれます。【画像提供:sion sion gauze


必要枚数:2~3枚
必要度:○
赤ちゃんの背中と肌着の間に入れ、汗を取るために使うもの。赤ちゃんは汗をよくかくため、夏場は頻繁に衣類を着替える必要がありますが、汗取りパットを使えば肌着を着替えさせるのではなく、汗取りパットだけを取り替えればOK。寝汗をかいたときなど、起こさずすむので便利。

■帽子
必要数:1つ
必要度:◎
日差しが強い夏は帽子も必須アイテム。お出かけのときは忘れずに赤ちゃんにかぶせてあげましょう。

■アフガン・おくるみ
必要数:1~2枚
必要度:◎
退院時や授乳時の目隠しとしてはもちろん、お出かけのときにベビーカーのブランケット代わりや、肌掛けとしても使えます。室内はもちろん、外出時にも重宝するのでおすすめ。冷房で赤ちゃんが冷えないように肌がけ代わりとしても使えます。通気性のあるガーゼ製のものがおすすめ。
 

生後1~2ヶ月のベビー服の組み合わせ方

汗っかきの赤ちゃんは夏場はこまめにお着替えをしてあげましょう。濡れたままの服を着ていると、そのまま冷えてしまいます。

以下のどちらかのパターンで、冷房が入っているところなどでは必要に応じてベストやカーディガンを組み合わせます。
 
  1. 短肌着(もしくはボディスーツ)+コンビ肌着(もしくは長肌着)
  2. 短肌着(もしくはボディスーツ)+ツーウェイオール(もしくはカバーオール)
  3. ボディスーツ
 
夏生まれのベビー服

夏場はボディスーツ1枚で過ごしてもいいでしょう。冷房が入っている部屋などでは、カーディガンやベストで体温調整を!

 

関連記事

ベビー服のサイズの見方・選び方
ベビー服の種類と選び方
人気の定番ベビー服ブランド
オーガニックコットンのベビー服
出産祝いに人気おすすめベビー服ブランド
新生児服の選び方やサイズ・必要枚数・種類 季節別
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。