出産後に保険へ入る選択肢もアリ?

妊娠中は正常であっても、出産は帝王切開になることも多い。帝王切開の出産を一度でもすると、医療保険の加入に条件がつくことが多い

妊娠中は正常であっても、出産は帝王切開になることも多い。帝王切開の出産を一度でもすると、医療保険の加入に条件がつくことが多い

妊娠中に医療保険に加入できたとしても、妊娠や出産にともなうリスクは原則保障されません。それなら出産後に医療保険に加入をしよう、と考える人も多いものです。

出産後に加入をすれば、妊娠にともなうトラブルの不担保はつきません。もし、次の妊娠がわかったとしても不担保はついていないので、妊娠や出産のトラブルには保障が得られます。安心して次の妊娠に備えられますね。

でも、ひとつだけ気をつけたいことがあります。帝王切開です。もし、一度でも帝王切開をすると、帝王切開や子宮部位が不担保となり保障されなくなります。この不担保の期間、保険会社によっては5年間、一生涯などとつくことも。妊娠や出産のトラブルに対して保険金が支払われなくなるのです。

妊娠中に保険加入をしても妊娠のトラブルは保障外なので、出産後に加入しようとしていたとしましょう。でも、この出産が帝王切開になったら、出産後に医療保険に加入をしても、また子宮部分の不担保などがついてしまいます。

あえて妊娠中に入るという考え方も

それを避けるために、あえて妊娠中に保険に加入をするという手もあります。その妊娠では妊婦や出産のトラブルは保障外になりますが、次の妊娠では保障を得ようということ。最初の妊娠が帝王切開になったとしても、次の妊娠では妊娠のトラブルにも対応できます。

医療保険は妊娠前に入っておきたい

このように、妊娠中の医療保険の加入は条件が厳しくなります。また、妊娠週によっては保険そのものに加入できない場合も。また、一度でも帝王切開になれば、医療保険の加入も条件が悪くなります。

出産前に正常分娩になるか帝王切開になるかはわからないもの。女性は妊娠前に医療保険に加入しておくと安心ですね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。