パリの日常そのままを映し出すカフェ

思い思いの時間を過ごす© Paris Tourist Office - Photographe : Amélie Dupont

思い思いの時間を過ごす© Paris Tourist Office - Photographe : Amelie Dupont

約6,000軒もあるといわれているパリのカフェ。一口にカフェといえども、その内容は千差万別。リッチな旅行者やマダム、ビジネスマンご用達の有名カフェや、若いおしゃれなパリジャンが集まるBOBOカフェ、静かで落ち着ける雰囲気が特徴の隠れ家的カフェ、そしておじさま達がテレビ観戦しながら盛り上がっているオヤジカフェなどなど……その雰囲気や客層は面白いくらいに違います。

そして、フランスのカフェは食事ができる所も多く、ランチやディナーの時は、レストランのような雰囲気になる所も。客層やメニューの内容は、カフェを実際に覗いてみるのが一番わかります。その時の気分や好みでお気に入りの一軒を見つけ、奥深いパリのカフェの世界をぜひ体験してみて下さい。

INDEX  

一度は行ってみたい有名カフェ

しばし贅沢な時間を……

しばし贅沢な時間を……

かつては芸術家たちの創作活動や交流の舞台となっていたという、歴史的な意味を持つパリのカフェ。由緒正しいカフェは今でもその名残を残し、文化遺産として扱われているほどです。客層はリッチな年配の方が多く、大人な雰囲気。サービスも一流なので、ちょっと背伸びしてハイクラスな世界を味わってみては。
 

フランスの有名カフェ1 レ・ドゥー・マゴ

由緒正しい左岸カフェ

由緒正しい左岸カフェ

フロールとともに、左岸だけでなくパリを代表する老舗のカフェ。目の前にはパリ最古のサンジェルマン・デ・プレ教会という最高のシチュエーションで、いつもたくさんの人で賑わっています。今ではあまり見られなくなった制服のギャルソンの颯爽とした振る舞いは、見ているだけでも楽しめます。

50年代に哲学者であるサルトルとボーヴォワールが同じ建物に住んでいたため常連客だったという歴史も。お店の名前の起源となっている、店内の柱に置かれた古い2つの中国人形も忘れずに見ておきましょう。

<DATA>
Café Les Deux Magots
住所:6, place Saint-Germain-des-Prés 75006 Paris(Googleマップ
TEL:01 45 48 55 25
アクセス:Saint-Germain-des-Prés(メトロ4)より徒歩1分
営業時間:7:30~翌1:00
無休 
 

フランスの有名カフェ2 カフェ・ドゥ・フロール

芸術の香りを感じるカフェ

芸術の香りを感じるカフェ

隣のレ・ドゥー・マゴ同様、同じく20世紀の左岸のカフェ文化を牽引した老舗。シュルレアリズムの詩人アポリネールは、ここを拠点に創作活動をし、やはり芸術家たちの交流の場となっていました。2017年現在も毎年文学賞を発表したり、アーティストの展覧会を開いたりと芸術との密接な関わりは続いています。

レ・ドゥー・マゴに比べて賑やかさは抑えめで、上品な空気が流れているのが特徴。アジア人初という、日本人のギャルソンの方も働いています。

<DATA>
Café de Flore
住所:172, boulevard Saint Germain 75006 Paris(Googleマップ
TEL:01 45 48 55 26
アクセス:Saint-Germain-des-Prés(メトロ4)より徒歩1分
営業時間:7:30~翌1:30
無休
 

フランスの有名カフェ3 カフェ・ドゥ・ラ・ペ

オペラの感動そのままに立ち寄りたい

オペラの感動そのままに立ち寄りたい

金色の装飾が眩しいオペラ座の目の前に構える、グラン・ホテル併設の老舗カフェ。150年の歴史があり、店内のフレスコ画を含む豪華な内装も見物です。夜のオペラ座の舞台を観劇した後、こちらに流れ込むというのがリッチ層のお決まりコース。

シーズン毎に発表する有名デザイナーとコラボした期間限定のスイーツが人気で、過去にはティエリー・ミュグレーやステファン・ロランによるスペシャル・デザートが発売されました。インスタ映えすること間違いなしのメニューばかりなので、是非チェックしたいですね。

<DATA>
Café de la Paix
住所:12, boulevard Capucines 75009 Paris(Googleマップ
TEL:01 40 07 36 36
アクセス:Opéra(メトロ3、7、8)より徒歩1分
営業時間:7:00~23:00
無休
 

フランスの有名カフェ4 ル・セレクト

開放的な雰囲気が魅力

開放的な雰囲気が魅力

モンパルナス近くのヴァヴァン交差点には4つの歴史的なカフェがあり、文化交流の社交場として使われていました。その中心的存在となったのが、ル・セレクト。ル・ドーム、ラ・ロトンド、ラ・クーポールとともに、モディリアニやシャガールなど名だたる芸術家たちのたまり場になっており、地下のダンスフロアでは、有名な黒人ダンサー、ジョセフィーヌ・ベーカーやサルトル、ボーヴォワールがダンスを楽しんでいたそう。

お店が自信を持ってオススメする「子羊のカレー風味」はパリ一だとか。セレブな雰囲気はもちろん、食事も楽しめるカフェです。

<DATA>
Le Select
住所:99, boulevard du Montparnasse 75006 Paris(Googleマップ
TEL:01 45 48 38 24
アクセス:Vavin(メトロ4)より徒歩1分
営業時間:月~木曜日、日曜日 7:00~翌2:00
金・土曜日 7:00~翌3:00
無休
 

パリジャン気分が味わえるおしゃれカフェ

おしゃれパリジャンに混じって……

おしゃれパリジャンに混じって……

近年のおしゃれパリジャンは、あからさまにブランド物を持ったり、高いお店に通ったりするのはアウト、自分らしいオリジナルなスタイルを持つことがシック(=おしゃれ)と考えられています。そんな若いリッチ層BOBO(ボボ=ブルジョワ・ボヘミアンの略。若いリッチ層のパリジャンのこと)がお気に入りのカフェはヴィンテージの家具が使われていたりと個性的な店が多く、パリのライブな雰囲気が味わえます。
 

フランスのおしゃれカフェ1 ポーズ・カフェ

大きなテラスが目印

大きなテラスが目印

バスチーユ近くの、クリエイターショップが並ぶシャロンヌ通りの象徴的存在のカフェ。BOBOが多く集まることでも知られています。映画『猫が行方不明』のロケ地になったことで一躍有名になりました。シャロンヌ通りに面した広いテラスは、晴れの日は大きな庇が覆っていたり、寒い日でもストーブで暖かいので季節関係なくいつも人であふれています。

<DATA>
■Pause Café
住所:41, rue de Charonne 75011 Paris(Googleマップ
TEL:01 48 06 80 33
アクセス:Ledru Rollin(メトロ8)より徒歩2分
営業時間:月~土曜日 7:30~翌2:00
日曜日 9:00~20:00
無休
 

 

 

フランスのおしゃれカフェ2 ル・ピュール・カフェ

映画の中の登場人物になったつもりで……

映画の中の登場人物になったつもりで……

人気のビストロも多いバスチーユの東、フェデルブの一角にある最も「パリらしい」と言われているカフェ。映画『ビフォア・サンセット』のロケ地に使われて一躍有名になりましたが、その他ドラマなどでも頻繁に登場しています。

店の中心を占める大きな円形のカウンターが特徴で、気軽に立ち飲みしたり、店の奥で食事を楽しんだりと色々な過ごし方ができます。もちろん、太陽がバッチリ当たるテラス席は、晴天時は店内が空っぽになってしまうほどの人気です。

<DATA>
Le Pure Café
住所:14, rue Jean Macé 75011 Paris(Googleマップ
TEL:01 43 71 47 22
アクセス:Charonne(メトロ9)より徒歩2分
営業時間:7:00~翌2:00
無休
 

 

 

フランスのおしゃれカフェ3 ル・プログレ

パリ一おしゃれな人たちが集まる

パリ一おしゃれな人たちが集まる

今一番元気な地区、北マレの中心的存在。タバコ屋併設の、一見普通の街のカフェのように見えますが、おしゃれなのはその客層。辺りはブティックやギャラリーが多いため、ファッション、アート関係者の常連でいつも賑わっています。ただし、いつも混んでいるわりにウェイター数が少ないので、急いでいる時はあまりおすすめできません……。時間にある程度余裕がある時に、おしゃれピープル・ウォッチングに利用したいカフェです。

<DATA>
■Le Progrès
住所:1, rue de Bretagne 75003 Paris(Googleマップ
TEL:01 42 72 01 44
アクセス:Filles du Calvaire / St-Sébastien Froissart(メトロ8)それぞれより徒歩2分
営業時間:8:00~翌2:00
日祝休
 

フランスのおしゃれカフェ4 ル・フルミ

モンマルトルの麓の人気カフェ

モンマルトルの麓の人気カフェ

モンマルトルで若者が集まるカフェといえばここ。ムーランルージュやライブハウスも周辺に多く集まっているので、開演前に一杯飲みに立ち寄りたい。もしくはわいわいしゃべりながら飲んだり、ゆっくりと一人で過ごしたりと色々な使い方ができる貴重なカフェです。段差のあるフロアからは広々とした店内全体が見渡せ、個性的な客層を眺める楽しみが。リーズナブルな価格設定も魅力です。

<DATA>
■Le Fourmi
住所:74, rue des Martyrs 75018 Paris(Googleマップ
TEL:01 42 64 70 35
アクセス:Pigalle(メトロ2、12)より徒歩1分
営業時間:月~木曜日 8:00~翌2:00
金曜日 8:00~翌4:00
土曜日 9:00~翌4:00
日曜日 10:00~翌2:00
無休
 

落ち着いた雰囲気が魅力の隠れ家的カフェ

時間が許す限りゆっくりと過ごしたい

時間が許す限りゆっくりと過ごしたい

大通りに面していたり、賑やかな広場に面している場所に多くあるパリのカフェですが、喧噪から離れ、静かな場所でゆっくりと過ごしたい時もありますよね。そんな時は、静かな通り沿いや、建物の中にひっそりとある隠れ家的なカフェがおすすめ。集中できるのか、自由業者風の人たちが仕事用に利用している光景がよく見られるのも特徴です。
 

フランスの隠れ家的カフェ1 カフェ・スエドワ

北欧の快適なインテリア

北欧の快適なインテリア

マレの静かな通りにあるスウェーデン文化センターのカフェ。メニュー数は決して多くありませんが、カウンターに並んだ野菜たっぷりのサンドイッチや手作りケーキを求めてやってくるリピーターに愛されています。天気の良い日は、中庭のテラスが一杯になりますが、北欧らしい明るいインテリアの屋内も居心地がよく、よく一人で読書したり、書類に囲まれて仕事をしている人を見かけます。

<DATA>
Café swedois
住所:11, rue Payenne 75003 Paris(Googleマップ
TEL:01 42 71 99 79
アクセス:St Paul(メトロ1)より徒歩3分
営業時間:12:00~18:00
月休
 

フランスの隠れ家的カフェ2 メルシーの古本カフェ

ショッピングの合間にお茶できる

ショッピングの合間にお茶できる

子供服ブランド、ボンポワンのオーナーがマレにオープンした話題のセレクトショップ内にあるカフェ。古本がぎっしりと並べられた奥の本屋のようなスペースと、中庭に面した明るいスペースとがあり、ショッピングの合間に一息ついたり、おしゃべりしたりと自由にくつろげるのが魅力です。お店にはいつも老若男女幅広い客層が集まり、子供連れの家族もちらほら。おしゃれなのに、尖ってないアットホームな空気が流れています。

<DATA>
■Merci(メルシー) / USED BOOK CAFE
住所:111, boulevard Beaumarchais 75003 Paris(Googleマップ
TEL:01 42 77 00 33
アクセス:Filles du Calvaire(メトロ8)より徒歩3分
営業時間:月~土曜日 10:00~19:30
日曜日 12:00~19:00
無休
 

フランスの隠れ家的カフェ3 サロン・デュ・シネマ・デュ・パンテオン

ある意味パリっぽくないカフェ

ある意味パリっぽくないカフェ

ソルボンヌ大学と同じ通りにある映画館に併設されたカフェは、外から見るとそれと全くわからず、まさに隠れ家といえそう。広々とした店内は、ソファやテーブルがゆったりと並んでいて、まるで大きなアパルトマンに遊びに来たような雰囲気。内装は女優カトリーヌ・ドヌーヴが担当しています。

ヘルシーなサラダやタルト、スイーツなど、食事メニューもなかなかの評判。業界人ぽい人が会合してたり、パソコンでインターネットをしていたりと、思わぬ有名人に遭遇するかも。

<DATA>
Salon du Cinéma du Panthéon
住所:13, rue Victor Cousin 75005 Paris(Googleマップ
TEL:01 56 24 88 80
アクセス:Cluny la Sorbonne(メトロ10)から徒歩3分
営業時間:12:00~19:00
土日休

※ 2015年に起きた同時多発テロをきっかけに、そして現在は燃料課税に端を発した毎週土曜日の政府への抗議活動(デモ)により、パリは依然として厳戒態勢が敷かれています。渡航前には最新情報をご確認ください。
≫≫パリの治安 旅行前に知っておきたい注意事項

 

関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。