借金のある家計、あなたはどのタイプ?

収入と支出、借金額を除いて計算して見ましょう。

収入と支出、借金額を除いて計算して見ましょう。

借金がある、ローンを利用している、そんな事実は実は大きな問題ではありません。問題なのは、それらの返済が生活を脅かし、収入だけでは生活することができなくなることなのです。

借金のある家計には3つのタイプがあります。
  1. 収入で生活費も返済もまかなえ、貯金もできる(できそうな)家計
  2. 収入から生活費と返済を引くと限りなく残金が0に近い家計
  3. 収入から生活費と返済を引くと常にマイナスになる家計

     
どれに分類されるかで、手当てや生活の工夫の仕方が変わります。さあ、あなたはどのタイプか見てみましょう。

簡単!借金家計のタイプ診断

まずは一ヶ月の収入と支出がみえなければいけません。そのために、家計表(俗にいう家計簿)を作成しましょう。まずはこの一ヶ月の収支を洗い出し試算することからはじめます。以下の3つの項目を書き出してみましょう。

〔収入〕 
手取り金額で計上する。共働きなどの家計を一にしている場合は、合算する。ボーナス月の試算ならばボーナス収入は除く。

〔支出〕
“借金(クレジットカードやキャッシング返済)を除く”、毎月固定的にかかる、食費、水道光熱費、教育費、家賃もしくは住宅ローン、電話、交際費、被服費、生活日用品等の生活費。

〔借金返済額〕
消費者金融への返済、クレジットカードの支払額、その他キャッシングの返済額

書き出しが終われば、以下の式にあてはめて計算します。

  1. 〔収入〕—〔支出〕= 差額(借金返済限度額になります)
  2.  差額 —〔借金返済額〕=「+」か「-」か「0に近い」
大雑把な区分けですが、ここから貯金家計に変わるための方法が異なってきます。

次ページで、結果を見てみましょう。