12年間を貫く特色ある充実の英語教育

一貫教育ならではのメリットを最大限に活用し、それぞれの発達段階に応じて「確かな学力」「国際理解力」「情感豊かな心」「健やかな体」をバランス良く高めながら、高い倫理観と品格を有した「高い人間力」の育成を教育目標とする同校。12年間を貫く特色ある教育プログラムの中でも、英語教育への充実した取り組みは特筆すべき点だろう。

初等部1年生から英語活動を開始し、高等部では必須科目に加えて実社会で役立つ専門的な英語能力を育成。関西大学の各学部や国際部と連携を図り、各国留学生との交流や合同授業、英語合宿、海外提携校とのTV会議、海外研修旅行等の多彩なプログラムを通して、「相手のメッセージを正確に受け取る力」や「英語で自分の意見を明確に表明する力」を習得するための取り組みが行われる。

また、コンピュータやネットワークなどの情報通信技術を活用し、発想力や思考力を高めるためのICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)教育も重視されており、すべての普通教室と特別教室にプラズマ電子黒板を装備。その他、初・中・高等部の各英語教室では外国の姉妹校とのテレビ合同授業も可能となっている。