数学:教科書レベルの問題は解けるように

画像の代替テキスト
現場で気づくことは最近の生徒には常識が通用しないということ。漢字、計算力など常識的な知識が特に不足しがち

数1・A、数2・Bの基礎を固めることが先決。最近の生徒は教科書レベルでできていないことが多いので、まず教科書レベルの問題集をそれぞれ、やってしまいたい。もし、ちょっと簡単だと思った場合には、応用系の問題集がいい。ただ、一般にチャート式シリーズは分厚いので挫折しがちになる。チャート式シリーズを読んでわかるようであれば、大学への数学の「一対一対応の演習」あたりでもいけるだろう。
 

国語:漢字・古文単語・古文文法を押さえるべし

現在の生徒は漢字力が弱いので、漢字問題集に取り組んでみてほしい。漢字とその定義をしっかり押さえておくことで、常識力アップにもつながる。問題集としてはセンター試験用問題集がオススメ。

古文もまず、単語(600語程度)と文法を押さえることが大切。古文の単語集は例文が掲載されているので、文の中で覚えるようにしていくといい。英語の場合と同じく、反復が基本。現代語にあるが、まったく意味の違う言葉も多いので、外国語だと思って学習したほうが気が楽になるかもしれない。