英国のアフタヌーンティーについて

19世紀半ば、英国の貴婦人たちは、昼食はごく軽く夕食の時間が8~9時と遅いので、空腹に悩まされていました。その中の1人、アンナ・マリア・ベッドフォード公爵婦人は、4時や5時頃に、ティーとケーキ、パンなどをいただくようになります。また、夫人がお茶に友人を招待するとたちまち評判となり、他の貴族の間でもお互いを招いての優雅なティーパーティーは社交の場となっていきました。そして、女主人が自らお茶を入れてサービスするアフタヌーンティーパーティはパーティの中でも格式の高いランクとみなされるようになったのです。

紅茶(ブラックティー)の基本のセッティング

プレートが中央、カップ&ソーサーがプレートの右
プレート(ケーキ皿)とカップ&ソーサーを画像のようにセッティングします。上質のリネン(亜麻)やコットンの白いクロスを使うと、格式のあるセッティングとなります。自宅ではティー用のレースやカラークロス、柄物のクロスを使って楽しむのもよいでしょう。