パッケージツアーのしくみと特徴

海外旅行ツアーは一般にパッケージツアー、パッケージ商品といわれ、航空やホテル、バスなどの送迎、現地観光などすべてがパッケージ化されている商品をさします。パッケージ商品を造る旅行会社は、航空会社・ホテル等それぞれと年間契約をするなどして大量に仕入れることで、商品の価格を安く抑えることができます。ですからツアー参加者は、個人で予約・手配するよりもお得に、効率よく観てまわることができるのがパッケージツアーの特徴です。

holiday
近畿日本ツーリストの主力商品KNT!ホリデイ
パッケージツアーは、旅行会社別・グレード別・テーマ別などにブランディングされていて、それぞれに商品名が異なります。大手旅行会社には、各社、パッケージ商品の主力ブランドがあります。HISのチャオ・インプレッソ、JTBのルック、KNTのホリデイ、日本旅行のマッハ・ベストツアーなどが、その代表例です。こうした商品のブランディング化は、お客様からの信頼を築くことで、取引先の航空会社やホテルなどへ集中的に送客ができるため、仕入れ値に反映するなどのメリットもあり、各社ともに力を注いでいます。

パッケージツアーは、正しくは募集型企画旅行といいます。旅行会社がツアーを企画立案し、旅程を組み立て、料金を決定して、それをパンフレットやインターネットなどを通じて参加者を一般募集します。また旅行会社は、パッケージ商品を企画立案し造成するホールセーラー(卸売)と、そのツアー商品を販売するリテーラー(小売)の二つに大別されます。大手旅行会社のなかには、一社でホールセールとリテールの両方をまかなう会社もありますし、また、両方をまかないつつリテーラーに商品を卸す会社もあります。また、リテールだけを専門にする旅行会社もあります。しかし、同じブランド名の商品であれば、どこの旅行会社を通しても同じ料金で売られているのが基本です。

 

添乗員付きのパッケージツアーと添乗員なしツアー

tc
ツアコンは旅程の総指揮者
パッケージツアーには、添乗員付きのものと、添乗員がつかないものとがあります。添乗員はツアーに同行して、お客様が安全で快適に旅程をこなせるよう便宜をはかるのが仕事。ツアーの指揮者であり付添人であることから、ツアーコンダクター、ツアーエスコートと呼ばれます。

添乗員付きのパッケージツアーのなかには、全行程フルコースでお世話をするタイプのもの(スルーエスコート)と、一部だけを同行するタイプのものとがあります。添乗員なしのパッケージツアーであっても、現地に到着したときだけ現地の係員が誘導などをしてくれるので、初めての海外旅行であっても不便を感じないよう工夫がなされています。また、現地にはガイドといわれる案内人が別につくのが一般的です。

添乗員付きのものは料金が比較的高いイメージがありますが、実際の仕入れでは、人数に応じて添乗員の費用がフリー(無料)になるしくみなので、一概に添乗員付きのツアーが高いとは言い切れません。特に、移動型でロングの旅、例えばヨーロッパやアメリカ大陸、中南米、アフリカ方面の場合、乗継や移動などに添乗員が付いていると安心です。また、ハワイなどに代表されるリゾート地で、現地滞在中のほとんどがフリータイム(自由時間)である場合、添乗員なしのコースが多い傾向にあります。万一のときの日本語連絡先などが、参加者にインフォメーションされますので、方面や目的に応じて添乗員のある・なしを選ぶとよいでしょう。

さらに、人気の高い添乗員を指名したパッケージツアーもあります。気心が知れた添乗員に連れられて、旅のリピーターになるひとは数知れず。ツアー代金は若干高めですが、安心料とおもって参加するひとがあとを絶ちません。