スリムでスタイリッシュなデザイン

ビクターのフルハイビジョン対応ビデオカメラ、「Everio GZ-HD300」をレビューしてみました。
まず注目したいのが、そのスタイルですね。HD300は、機種名からも想像できるように、ハードディスクタイプのビデオカメラなのです。これまで、ハードディスクタイプというと、どうしても「ボディサイズが大きい」というイメージがあったのですが、HD300はそうではありません。まるでメモリータイプかと思わせるほど、スリムなボディなのです。

▲ビクターのEverio GZ-HD300。

▲ビクターのEverio GZ-HD300。色はルージュレッド


また、カラーがオシャレですね。今回試用したのは、上の写真にある「ルージュレッド」というタイプ。名前も、オシャレですよね。そのほか、「ロイヤルブルー」と「プレシャスシルバー」の3タイプがあります。

▲左から「ロイヤルブルー」、「プレシャスシルバー」

▲左から「ロイヤルブルー」、「プレシャスシルバー」


このスタイルと色なら、たとえばパーティ会場などで持ち歩いても、「ビデオを撮ってます」と目立ったところがなく、さりげなく会場風景を撮って歩けますよね。これからは、ビデオカメラもオシャレアイテムの一つになるのではないでしょうか。


レーザータッチでオペレーション

HD300の新機能に、レーザータッチでのオペレーションがあります。

これは、たとえば何かメニューからファンクションを選択して設定する場合など、液晶モニターの左にあるスライダーを指でズリズリとなぞりながら操作する機能です。
▲液晶パネルの左にあるスライダーを指でズリズリする

▲液晶パネルの左にあるスライダーを指でズリズリする


ズームレバーに変わる操作方法ですが、慣れないと目的のファンクションを選択するのに戸惑いましたが、慣れてしまえば、スムーズにファンクションの選択・実行ができるで、とても使いやすいデバイスですね。