投資信託を買う際に初心者の方がぶつかる最初の壁は、難解なファンドの名前。でも、そこには投資方針や投資対象など商品のタイプを読み解くヒントが凝縮されています。一緒に、名前を分解、解読してみませんか。

まずは名前を分解してみよう 1

多少の前後はあるものの、ルールに沿って各要素が並んでいます。

長くてカタカナばかりのファンドの名前ですが、左図のように各要素が規則正しく並んでいます。分解すれば、意外と簡単に、投資の対象や投資の方針、リスクの大きさまでが見えてきますよ。

「勧められたファンドがあるけど、中身がわからない」「投資信託は持っているけれど、ファンドの内容がさっぱりわからない」そんな方は、お手元にファンドの明細をご用意下さい。一緒に名前を解読してみましょう。難しい言葉は、3ページの用語の解説をご覧下さい。

ここでは、夏のQBRファンド総合ランキング2008で総合部門1位に選ばれたダイワ・ハイグレード・オセアニア・ボンド・オープン(毎月分配型)「愛称:杏の実」を一例にご紹介します。

<1.ファンドの運用会社…ダイワ>
まず、最初にくるのが運用会社や販売会社の名前、ダイワは運用会社の大和証券投資信託のこと。

<2.投資対象…ハイグレード、ボンド>
投資家から集めたお金で何を買っているのか=株式、債券、資源、不動産などの何に投資しているかが分かります。ハイグレードは、信用度の高い格付けのもの。ボンドは、英語で債券。信用度の高い債券なので、比較的リスクが低いことが分かります。

<3.地域…オセアニア>
投資対象がどの地域なのか、日本か世界(グローバル)か新興国(エマージング),etcがわかります。ここは、オーストラリア(豪州)・ニュージーランド(NZ)が対象。外貨で運用するものは、為替リスクがあると判断できます。

次のページでは、名前から特徴を整理してファンドを分類してみます。