このところ日経平均株価もパッとせず、株式市場の売買代金も非常に低迷しています。
株式市場があまり雰囲気の良くない中、ゼファー、アーバンコーポレーション、創健ホームズ等の不動産企業の倒産があり、更に株式投資意欲が減退している方も多いのではないでしょうか!?今日は倒産(民事再生)する企業を見分けるための3つのポイントについて、お伝えしたいと思います。

倒産について

まず企業が倒産(民事再生)するというのは、債務超過している企業や赤字企業だけが倒産(民事再生)するというわけではありません。たとえ利益が出ている会社でも倒産(民事再生)してしまいます。たとえば利益が出ている会社であっても、金融機関等から借り入れているお金が有り、そのお金の返済が出来ずに資金繰りがつかなくなってしまえば倒産(民事再生)に至ってしまうのです。
実際、ゼファーとアーバンコーポレーションは直近の決算短信の内容ではしっかりと利益が出ている中、民事再生をしてしまったのです。

では、倒産(民事再生)企業を見分けるためにはどの項目に注目して投資すべきか、説明させて頂きたいと思います。
次のページで具体的な3つのポイントを紹介