任天堂株はまだ上昇するか?

任天堂株はまだ上昇するか?
任天堂株はまだ上昇するか?
結論を申し上げますと、年初から上昇を続けていますがまだしばらくはこの基調が続くのではないでしょうか?

理由は、下記の通り。

1.DS、Wii共に世界中のゲーム人口の増加に寄与しており、ゲーム人口の増加余地はまだまだ大きく潜在マーケットが非常に大きいこと。
※世界中で出回っている台数が、Wiiが2007年8月累計で1,051万台、DSが約5,000万台です。年末クリスマス商戦でも更に世界中で普及台数が加速していくものと判断されます。日本だけでなく、米国や欧州など隔たりなくヒットしています。また今までゲーム人口ではなかった主婦層やサラリーマンなども取り込んでいることは最大の注目点。ゲーム人口に深く食い込んだプレイステーション2の普及台数1億台は越えてくるのではないでしょうか?このハードの普及はゲームソフトの普及に不可欠です。

2.自社ソフトの割合が高くハードソフト両面での成長が見込まれること。

※ハードが普及すればするほどソフトも当然売れます。特にDSやWiiはプレイステーションなどと違って他社のソフトの依存が低く任天堂ソフトの比重が非常に高いことが特徴として挙げられます。任天堂への業績インパクトは絶大なものとなります。

3.今までのゲームに比べると開発費が安く済み、開発にお金をかけゲームマニアを満足させることよりもアイデア次第で利用価値はよりあがること。その一方で、従来のゲームマニアを満足させることにも注力し始めていること。

※ダイエットから健康管理、英会話、脳トレなどなど生活に関連したソフトは従来のゲームソフトに比べると開発費が低く抑えられます。従来のソフトも今後ドラクエシリーズやファイナルファンタジーシリーズの復刻版などにより、従来のゲーム人口へも訴えられるラインナップを目指しています。

ほかにもいくつも理由がありますが、任天堂の今後の業績見通しはまだまだ明るいと判断され現時点でもプチ株を活用した投資(7万円程度で購入可能)は検討余地は大きいと思われます。

任天堂無料レポートを公開中
任天堂目標株価10万円無料レポート

【関連リンク】
中国株で巨万の富を得る?(All About株)
ヤフーの株主は億万長者、こんな可能性のある銘柄は?(All About株)
新興市場の3年にわたる上昇相場は終焉か?(All About株)
時価総額と利益の乖離している株は要注意(All About株)
ライブドアショックと今後の新興市場動向(All About株)

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。