短期売買をするためには、準備しなければならないものがあります。「あったら便利」というものから、「これだけは用意しなければ、デイトレードやスイングトレードは無理」というものまで、「短期売買グッズ」とも言うべきものを紹介します。

リアルタイムで株価をチェックでき、その場で注文が出せるネット証券口座

画像の代替テキスト
パソコンとネット証券の口座はは絶対に必要です。資料請求をして口座を開設しましょう。
ネット証券の登場が個人投資家、しいてはデイトレーダーやスイングトレーダーを生んだといっても過言ではありません。ネット証券の最大のメリットは手数料の安さでしょう。1日に何度も売買をするデイとレーダーであれば、1日に複数回売買しても手数料が定額というサービスもあります。スイングの場合でも、1日に複数銘柄を売買するのであれば、1日定額手数料はとても魅力のあるサービスですね。

またパソコンが1台あればリアルタイムで株価を見ることができて、しかも売買の注文が出せるということもネット証券の強みです。短期売買トレーダーにとってはリアルタイムの株価を見ることが求められます。そのようなトレーダーにはネット証券が提供してくれるサービスは、とても有難いものになります。

ネット証券の口座は資料請求をしてから申し込みをして、必要な書類を送れば開設できます。もちろん管理費などはありません。手数料やサービスを比較して、自分にあった証券会社で口座を開設しましょう。

ネット証券が利用できるインターネット環境と使いやすいパソコン

ネット証券を開くためには当然インターネットができる環境が必要です。インターネットといっても、スピードが要求されるデイトレードをするのであれば、高速でつながる環境がなければなりません。「注文を出したいけど、画面が変わらない!」とか「買えたはずなのに約定が確認できない!」ということは、株価が激しく動いている銘柄に手を出すデイトレードにとっては命取りです。約定の確認がくるまでに、株価が一気に下がってしまうということもあるので、このようなトラブルを回避するためにも、クリックした後1秒くらいで画面が変わっていくようなスピードが要求されます。
またパソコンも必需品です。今は携帯電話でも取引ができますが、短期売買をするのであればキーを押せば数字を簡単に入力できたり、クリック1つで画面がパッと変わるパソコンのほうが使いやすいのです。
さて、気になる台数ですが、本格的なデイトレーダーは少なくとも2台以上のパソコンを使い分けています。チャートや情報を見るためのパソコンと用と注文用のパソコンに分けているのです。もちろん1台のパソコンでも対応できるので、無理に複数のパソコンを使う必要はありません。
スイングトレードの場合は、デイトレードよりもゆっくりとしたスタイルなので、1台あれば充分。画面が見やすく使いやすいパソコンがお勧めです。

次のページでも続けて短期売買をするための必需品を紹介します。