ネット銀行ではじめてFXを導入

画像の代替テキスト
もともとが銀行なので、信頼性という面では高い評価を得られそうだ。初心者はレバレッジよりも信頼性を重視するといいだろう。
2006年3月に、ネット銀行としてはじめてFXに参入したのがジャパンネット銀行。登録金融機関として登録され、日本格付研究所(JCR)より長期優先債務格付「A」を取得しているので、安心してFX取引ができるだけではなく、銀行としての強みを活かしたサービスも提供してくれています。

ここで提供されるサービス「JNB-FX」にはいくつかの特徴があります。
たとえば、銀行としての機能も果たすジャパンネット銀行なので、決済機能を活用することによって24時間リアルタイムで資金移動をすることが可能です。「ここで買いたい」というタイミングのときでも、リアルタイムで対応できるのでチャンスを逃す可能性が低くなります。もちろん、振込手数料は無料。

ポジションを決済しないでスワップだけをゲットする

さらに、ポジションを決済したくないけど、スワップポイントは保証金口座に振り替えたいという場合も安心です。「スワップポイント振替機能」を使えば、スワップポイントだけ保証金口座に移すことができるのです。

この機能が役立つときは他にもあります。
■急な出費のとき
突然お金が必要になったけど、今のポジションを決済するのはもったいない。そのようなときには、まずはスワップポイントを保証金口座にうつします。ちなみに、JNB-FXのスワップポイント振替機能はスワップポイントが最低100円から振替可能。そして保証金を普通預金口座へ振り替えればいいのです。

それって時間がかかるのでは?と思うかもしれませんね。でも安心してください。JPN?FXの場合には24時間手数料無料で振り替え可能です。そのため、提携ATMからすぐに現金として引き出すこともができるので、急な出費にも即座に対応することができるのです。

注)提携ATMなどは各自で調べておく必要があります。また提携ATMから引き出す場合には、手数料がかかることがあるので、あらかじめ調べておきましょう。

次のページではさらに「スワップポイント振替機能」が役立つタイミングを紹介します。