Macでのファイルやフォルダ操作の基本

Mac OSのファイル・フォルダ管理はWindowsと似ているようで違うところばかりです。

//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/3/4/4/copy_move.jpg
optionキーを押しながら、ファイルをドラッグしてもコピーになります
例えば、ファイルをコピーしたいときは、ファイル - 複製 を実行してできたファイルを目的のフォルダに移動します。

なお、同名のフォルダーがある場所へ移動またはコピーして上書きするときは特に注意が必要です。Windowsであれば、それぞれ片方にしかないファイルは残し、重複するものは新しいものを上書きするか、すでにあるものを削除するか?などを問い合わせてくれますが、Mac OSの場合は、重複しているどちらのフォルダを残すのかを確認するだけで、選択したフォルダで中身もすべて置き換えてしまいます。

Mac OSで両方のフォルダの中身を生かすためには、フォルダをツリー表示にし、フォルダ以外を選択してコピー/移動します。

【操作方法】
  1. Finder の 表示 - リスト を選びます。
  2. フォルダ左にある△をクリックします。すると、フォルダの中身が表示されます。(option キーを押しながら、△をクリックすると、すべての階層のフォルダが開きます)
  3. ファイルだけを選択して、コピー先にドラッグします。
//imgcp.aacdn.jp/img-a/800/auto/aa/gm/article/1/3/4/4/copy_move_m.jpg
同じ名前のファイル/フォルダがあると、確認メッセージが表示されます

なお、ファイルを上書きする操作はアンドゥ(編集 - 取り消す)を実行してもうまく元に戻らない場合があるので、作業する場合はバックアップを取りましょう。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。